お問い合わせ・レビュー掲載のご依頼はこちら

【茹でスクランブルエッグ】焼かずに茹でる!?新感覚のスクランブルエッグを作ってみた。

どうも、クッキングブロガーのつぶまめ(@tsubutsubumame2)です。

昨晩、寝れなかったのでグノシーというニュースアプリを見ながらゴロゴロしていたところ、こんな記事を発見しました。


つぶまめ

スクランブルエッグってフライパンで作るんじゃねぇーの…?

と、疑問に思ったので動画を見てみました。

今回は、それを真似て実際に『茹でスクランブルエッグ』を作ってみたので、作り方をご紹介致します。

 

材料

  • タマゴ…Mサイズ3個
  • 塩…適量
  • コショウ…適量

材料はコレだけです。

牛乳を入れてみても良かったかもしれませんが、今回は「茹でる」ので、水っぽくなりそうで今回は入れませんでした。

タマゴを3個使っていますが、実際に食べてみた感じ、男性一人であればちょうど良いくらいの量だと思います。

女性であれば2個でやるのがベターかもしれません。

作り方

1.お湯を沸騰させる

今回は『茹でスクランブルエッグ』ということで、溶き卵を「茹でます」

まずは、鍋に水を入れてお湯を沸騰させておきます。

多めの水を入れて沸騰させておいた方がキレイに茹で上がると思います。

 

2.卵を割る

タマゴ3個をボウルに割ってかき混ぜて、塩とコショウで味を調えます。

 

3.沸騰したらお湯をかき混ぜる

鍋の水が沸騰してお湯になったら、お湯をかき混ぜて渦を作ります。

渦を作ったら素早く次の工程に入りましょう。

 

4.卵を入れる

渦を作ったらその中心部に、先ほどの卵を流し込みます。

渦の勢いが足りなかったのが原因か?

卵がめっちゃ拡散しましたが、まあ良いでしょう。

 

5.蓋をして20秒茹でる

卵を入れたら蓋をして20秒茹でます。

火は強火のままです。

 

6.ざるにあける

20秒経ったらざるにあけます

卵の中には、水分が非常に多く含まれている状態なので、ヘラを使ってかき混ぜましょう。

そうしてあげることで、卵の中の水分を外に出すことが出来ます。

 

7.お皿に盛りつけて完成

実際にお皿に盛りつけて完成です。

食べてみた感想

『茹でスクランブルエッグ』を食べていた感想です。

食感は、焼いたスクランブルエッグとは異なり、とてもフワフワな状態になっていました

 

味は、塩とコショウだけのシンプルな味付けだったので若干ですが物足りなく感じました。

つけるとしたらー…ケチャップは王道ですね

人によってはマヨネーズやお醤油をかける人もいますよね。

 

焼いたばかりのトースト、温かいコーヒー、そして茹でスクランブルエッグがあったらホテルの朝食並みに豪華な感じの朝食になりますね。

是非、みなさんもお試しください~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です