お問い合わせフォームはココをクリック!

A8.netのアフィリエイト初心者セミナーで「レビュー記事の書き方」を勉強した話

どうも、アフィリエイト初心者のつぶまめ(@tsubutsubumame2)です。

大阪に行ったのにもかかわらず漫画喫茶へ行った話~大阪での旅行記~の中で書いたのですが、9月22日(金)に大阪は梅田でA8.netさん主催の「アフィリエイト初心者セミナー」に参加してきました

今回は、セミナーに参加しながらiPadでメモを取っていたので、各項目の冒頭にメモを掲載し、それをもとに記事としてまとめてみました。

同じくアフィリエイト初心者の方であれば参考となる部分もあるかと思いますので、最後までご覧ください!

アフィリエイト初心者セミナーin大阪

  • 参加人数 大体30人程度
  • 年齢幅 色々
  • 内容
    • レビュー記事の書き方セミナー
    • 初心者向け記事の書き方セミナー

A8.netさんは頻繁にこういったセミナーを開催してくれています。

とても勉強がしやすい環境を作ってくれているので、初心者の方でも安心して取り組むことが出来ます。

ただ、基本的に平日昼間の開催なので、私のように会社勤めの方だと参加するのが難しいかもしれません

私は今回、たまたま有休を入れた日にセミナーがあるということを知ったので参加してみました。

セミナーに参加するにはA8.netに登録をしていないと参加することが出来ません。

MEMO
まだ登録をされていない方は下記からどうぞ。

→→A8.netの申し込みページはこちら←←

 

今回、セミナーというものに生まれて初めて参加しました。

コミュ障なので内心ビクビクしていたのですが、セミナーの内容が初心者向けだったということもあり、私以外にも初めて参加したという人が多かった印象です。

男女比で言えば半々くらいで、年齢は20代~50代くらいまで、と非常に幅広い層の参加者と言った感じでした。

 

ただ、東京からわざわざ参加した人は僕だけでしたね!

>>関連記事:大阪に行ったのにもかかわらず漫画喫茶へ行った話~大阪での旅行記~

 

アフィリエイトで収益を上げるためには?

サイト運営の基本

読者に向けて有益な情報を一日一記事、毎日アップしていくことで徐々に売り上げが上がるようになる。

この一言(ワンフレーズ?)に尽きます。

ユーザーに向けて有益な情報を発信し続けていくと「誰かの役に立つ記事」というものが出来上がります

その誰かに役立つ情報を発信し続けていたら、自然とファンになってくれます。

そうしたファンを増やすことで、あなたのブログやWebサイトへのアクセスが集まり、アフィリエイト広告からの商品購入やサービス申し込みといった案件が増えていきます

 

そして、初心者の方でも比較的アクセスを集めやすいと言われているのが「レビュー記事」なのです。

今回のセミナーでは、このレビュー記事の書き方についてを学んできました。

 

レビュー記事の書き方

実際に商品を利用した体験談を記載すること=レビュー記事
初心者はレビュー記事が最も稼ぎやすい
写真を載せるのであれば下記のポイントを

  •  全体図
  • 手にとった図
  • (美容液)手に出してみた感じ
  • 上記のような写真を2〜3枚

レビュー記事の見本と言う形で説明に使われていたのが「美容液」のレビュー記事だったので上記のようなメモがしてありました。

 

レビュー記事とは、実際に商品やサービスを利用した体験談をもとに商品の紹介をする記事のことです。

私自身も経験がありますが、物を購入する時ってインターネットで検索をしたりしますよね。

そういう時に求めているのって「実際の使用感」であることが多いです。

 

そして、使用感と言うのは人それぞれ異なります。

表現方法に差はあるでしょうが、アフィリエイト初心者だろうが玄人だろうが、レビュー記事はその人にしか書けない「差異化」させやすいものという認識でいます。

レビュー記事がお勧めな理由

信頼されやすい

情報量が多くなる

キーワードが盛り込みやすい

検索でヒットしやすい

セミナー内でレビュー記事がお勧めである理由は上記の4点が挙げられていました。

 

◆信頼されやすい

情報量が多いサイトに対する信頼度って高くないですか?

 

私はMVNOに関する記事をよく見るので、下記のサイトをお気に入りに登録してあります。

>>参考URL:ANDROIDおすすめアプリ/格安SIM スマホ/SIMフリーレビューサイト❘アンドロイドラバー

こちらのサイトは各MVNO(格安SIMのこと)のメリットやデメリットに関する情報が非常に豊富で重宝しているサイトです。

このように役立つ情報を発信し続けてくれるサイトに対する信頼度って、専門性が高ければ高いほど上がっていきますよね。

出来るのであれば、レビューサイトのジャンルは1つのWebサイトにひとつに絞った方が信頼度は上がるので、ジャンルごとにWebサイトを立ち上げるのがベストですね。

 

MEMO

A:美容品の情報のみをブログで提供している情報に詳しそうな人

B:美容品やクレジットカード、家電情報をブログで提供している情報を知っているだけの人

どちらが選ばれやすいですか?という単純なお話

 

◆情報量が多くなる、キーワードが盛り込みやすい、検索でヒットしやすい

レビュー記事のみに限りませんが、情報を発信し続けていればそれはやがて膨大な情報量の辞書みたいなものになります。

その中には様々なキーワードが盛り込まれていることでしょう。

そして、多くの情報量が載せられていることで検索エンジンからの評価も上がります

 

検索エンジンと言うのはGoogleやYahoo!のことですね。

検索エンジンからの評価が上がれば、検索した際に上位に表示されやすくなります。

するとアクセス数が増え、結果として商品の購入やサービスの申し込みが増えるということにつながります。

 

ユーザーに信頼されることが、すなわち自分自身の稼ぎにもつながってくるのです。

サイトテーマの決め方

サイトテーマ→テーマに沿ってサイト名を決める→ドメイン設定の順番

美容、ダイエット、健康、ファッションの4テーマはやりやすい

すでにご存じ、というか普通に考えると当たり前の流れではありますがテーマを決める際の順番があります。


サイトテーマをまず決めて、

その後にサイト名を考えて、

最後にドメインを取得する。


こうすることでドメインを見た際になんのサイトかが一目でわかりますし、サイト名とその内容がズレることもなくなります。

 

また、アフィリエイトのオススメのジャンルとして4つのジャンルが挙げられていました。

  1. 美容
  2. ダイエット
  3. 健康
  4. ファッション

これらのジャンルは常に最新のプログラムが出ており、企業も多くの広告費をかけているため頻繁に商品が入れ替わります。

「ジャンルとしてのライバルは多い」ものの、「商品としてのライバルは時期を選べば少ない」ので初心者にとっても参入しやすいジャンルであると言えます。

 

ただ、いくらオススメのジャンルだからと言って、全く興味のないジャンルを攻めるのは辞めた方が良いです。

理由は単純、続かないから。

興味のないことを調べたりするのって苦痛に感じませんか?

また、途中でやる気が起きなくなったりするケースも多いと思います。

 

反面、自分の好きなことであればいくらでも時間を費やせますよね!

いくらでも時間を費やせる=続けられる=記事がどんどん増えていく=アクセスが増える

良いこと尽くしなので興味のあるジャンルを攻めましょう!

 

レビュー記事の構成

記事タイトル→アイキャッチ画像→商品情報→写真→感想→まとめ(オススメする理由)→広告(テキストリンク)

商品情報+感想で1、000字程度

タイトル→小見出し→クロージング

レビュー記事を書く際は、この順番で書くのが良いそうです。

  1. 記事タイトル
  2. アイキャッチ画像
  3. 商品情報
  4. 写真
  5. 感想
  6. まとめ(お勧めする理由)
  7. 最後に「テキスト広告」

講師の方が力説していたのは最後の「テキスト広告」の部分でした。

人は誰しもが売り込みされることを嫌います。

バナー広告(画像入りの広告)だと売り込み感が強すぎてクリックされにくいのだそうです。

その為、文章の中に自然と「テキスト広告」を忍ばせておくことが最もクリック率を上げやすい方法と力説しておられました。

ぜひ「テキスト広告」を忍ばせるようにしてみてください。

タイトルの決め方

大前提:簡潔にまとめる

  1. 読めば役立つ、インパクトを与える
  2. ターゲットを明確にする
  3. 内容のイメージをわかせやすいもの
  4. 具体的な数字を入れる
  5. 緊急性、トレンド、知名度を意識する
  6. 擬声語

 

キーワード

  • 意識しすぎると逆効果。2〜3個くらいのキーワードを入れるようにしてみる
  • 商品の特徴が含まれる
  • 「内容を読みたい」と思わせるタイトル

※タイトルと記事の内容が一致していることはマスト

※文字数は全角32文字程度がベター。スマホだと35文字まで。

キーワード検索用

グーグルキーワードプランナー&Aramakijake

タイトルを決める際の理想のポイントとしてメモが残してありました。

タイトルは、いわばその記事の入り口となるものです。

 

人はそのタイトルを見て大まかな内容を判断し、その後に記事の内容を読んでみようと思い立つワケですが、長々と書かれているタイトルや、結局何が言いたいのかがわからないようなタイトルは逆効果となります。

たまにありますよね、なんかやたらとタイトルが長い記事を書いている人(私も当てはまりますが…)。

ブログとしての記事ならまだしも、レビュー記事として掲載するのであれば、上記のポイントを意識してタイトル付けをしてみましょう。

 

また、タイトルを決める際のキーワード決めの一助となるWebサイトを教えてもらいました。

「キーワードプランナー」は知ってたんですが「Aramakijake」は初めて聞きました。

気になるキーワードを入れて調べてみると、そのキーワードが月間どれくらい検索されているのか?という大方の数を調べることが出来ます。

タイトル決めの際には使ってみてください。

 

小見出し

タイトルよりも踏み込んだ内容

小見出しが質問→本文がアンサー

 

導入文の書き方

  • 共感や関心を集めるための最初の大事な部分
  • レビューする商品を使うことになったきっかけ、紹介したいと思った経緯を記載する
    • EX)はじめしゃちょーの愛用しているゲーミングチェアを購入した時のことを思い出してみよう

ひとつの記事を複数の小見出しでまとめておくと非常に見やすくなります。

その小見出しを作る際のポイントですが「小見出しで疑問を投げかける→その答えを本文に書く」ということです。

小見出しでユーザーに疑問を抱かせて内容を気にさせることで本文を読んでくれるようになります。

疑問→答え→疑問→答え→疑問→答え…と最後のクロージングの部分まで読ませることが出来れば成約率はグン!!と上がります。

 

クロージングのポイント

ユーザーの背中を押すことの意識

バナーを貼るよりも、クロージングの際はテキストリンクを使いこなした方が成果が上がりやすい

文章の最後には必ずテキストリンクを付けるようにする

小見出しで疑問を抱かせて本文を読ませる…そして最後まできたら「クロージング」が重要となります。

クロージングとは、ビジネスや営業活動においてお客様と契約を締結することを意味します。

更にかみ砕いて説明すると、商品の説明をした後で商品を買ってもらうように促すことです。

 

どんなに小見出し・本文が良くても、最後のクロージングが適当な内容だとユーザーは購入しようという気になりません。

ユーザーの背中を押してあげるということを意識するようにしましょう。

 

クロージングの際に、購買行動を引き出す表現テクニックとして下記が挙げられていました。

  • 期間限定(例:「9月限定!」「夏季限定」等)
  • 数量限定(例:「限定100個」「残り〇個」等)
  • 特別価格(例:「今だけ半額!」「特別割引〇〇円!」等)
  • 購入するメリットの再提示

これらのポイントを意識して、本当にお勧めであることを伝えてあげましょう。

また、その際ですがその商品を使ったらどうなるのか?という未来を伝えてあげると、ユーザーがより具体的なイメージを持ちやすく、購入しやすくなります。

 

逆に絶対にやってはいけないことは「絶対に買うべきです!」や「迷わず購入!」といった売り感の強い言葉を書くことはNGです。

上述したように、人は売り込みが嫌いです。

売り感の強い言葉が書かれているとクリックされにくくなりますので注意しましょう。

商品の選び方、ネタに困ったら

自分が欲しいと思うかどうか、自分の知り合いにオススメできるかどうか大事なポイント

新着情報は必ずチェックするようにする→ライバルが少ない

 

記事を書いていると「ネタどうしよう…」と困るタイミングが来ると思います。

そんな時は、現時点で自分が欲しいと思うものについて書いてみるのが良いとおっしゃられていました。

  • 自分自身が購入するために下調べをしてそれを書く
  • 実際に購入して商品が届いたらそれを書く
  • 使い続けてみて使用感を書いてみる

というように3記事くらい書くことが出来るようになります。

 

また、ASPには「新着プログラム」という項目があります。

ここには、そのASPが取り扱いを始めだしたプログラム(=広告)が掲載されているので、ライバルが少ないケースが多いのです。

新着プログラムでWebサイトを立ち上げて、レビュー記事を書くことが出来ればそれだけで古株のアフィリエイターとも渡り合うことが出来るかと思います。

 

写真は必須!綺麗な写真の撮り方

ここからはメモを取る暇がなかったので、手元にある資料を見ながらのまとめとなります。

 

レビュー記事を書く際は、写真が必要不可欠です。

その理由は以下の3点です。

  1. 商品がイメージしやすく信ぴょう性が増す
  2. 文章で足りない部分を補う
  3. 購買意欲を掻き立てる

やはり「ブログ」という媒体では文字が多くなってしまいますが、読み手からすると大量の文字を読むというのは非常に疲れます。

その反面、写真や画像というのは一瞬で全体像を掴みやすい為、流し読みをしているユーザーにとっても印象に残りやすくなります。

それに商品を購入する際、購入した後のこともイメージしやすいですしね。写真が必須というのもうなずけます。

 

次に、商品を魅力的に見せる写真の撮り方のコツを挙げてみます。

  • なるべく午前中の窓際でレフ版を使って撮影する=全体が明るい写真になる
  • 画像編集ソフトを使ってみる=暗い写真を使いたい場合は明るめに編集
  • 写真は明るく鮮明に!=編集ソフトでも「ピンボケ」だけは修正できない!
  • 商品に近づいて撮影すること
  • 余計なものが映らないようにすること
  • 広告主のWebサイトに載っていないような写真を掲載すると更に良い
  • 小見出しの後に写真を掲載するとよりグッド
  • 掲載する写真のサイズは480px~600pxが理想的

これらのコツを意識しながら写真を撮影し、記事の質を上げるために活用してみてください!

A8.netさんには「エーハチレビュー部」というページがあり、そこにはアフィリエイターさんのWebサイトが数多く掲載されています。

もちろんレビュー記事もたくさん掲載されているので、非常に参考になりますよ!

MEMO

※エーハチレビュー部はA8.netにログインしていないとみることが出来ません。

→→A8.netの申し込みページはこちら←←

 

まとめ

ここまで、アフィリエイト初心者セミナーで学んだことをまとめてみました。

これまではただ単にブログとして書いていましたが、今回学んだことを活かして個別にアフィリエイト用のWebサイトも作ってみようと思いました。

また、写真の撮り方については基本的なことを教わることが出来たので、色々と試しながら更に効果的な撮り方を身に着けられるように頑張ろうと思います^^

アフィリエイト用の記事を書いてみよう!と思った方の参考になれば幸いです。

セミナーに参加してみたいと思った方は、是非A8.netさんに登録をしてみてください!

 

それでは、今回はここまで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です