ライターの仕事依頼はココから詳細が見れます!

1,400万円の超高額ウイスキー!?その名も『軽井沢』!

どうも、日本酒を嗜めるようになりたい植物系ブロガーのつぶまめ(@tsubutsubumame2)です。

最近、「日本酒を嗜める男になりたい」と唐突に思うようになったんですよね~

齢28にしてようやく大人の階段を上り始めました。…違うか。

 

それで、ですよ。

日本酒、というかお酒のことを聞くならやっぱり職場の先輩に聞くのが一番でしょ!という短絡的な発想で、直属の上司に聞いてみました。

実は私の上司は話に熱が入ると何十分、何時間でも話せてしまう営業の鏡みたいな人なんですが、今回も熱が入ってしまったようで、

 

 

最終的にウイスキーの話しかされませんでした。

 

ただ、そんな中で気になるワードがあったので調べてみました。

なんでも『1,400万で落札された幻のウイスキーがある』と。

1,400万ってやばくないですか?1,400万って何が買えるの?ってか、1,400万て家買えるよね?

(SUUMOで調べてみたら新築戸建てが買えました。都内じゃないけど)

 

ってか、日本酒どこ行った?

 

1,400万円で落札されたウイスキー。その名は『軽井沢』

2015年の8月、香港で開かれた大規模なオークションにて、1,400万円で日本のウイスキーが落札されました。

その名は『軽井沢』

 

『軽井沢』は、日本の長野県御代田町(みよたまち)にあった軽井沢蒸留所で作られていたウイスキーのブランド名です。

現在ではすでに蒸留所が閉鎖されています(2012年に蒸留所が閉鎖)。

また、生産自体は2000年に終了しており、それ以降はそれまでに製造した原酒の熟成および販売のみが行われていたという非常に珍しいウイスキーです。

水そのものや恵まれた環境を活かした独自の研究を重ねている日本のウイスキーは、海外からの評価も非常に高いことで有名とのことです。

2015年には、山崎シングルモルト・シェリーカスク2013というウイスキーがイギリスの著名なガイド本である「ワールド・ウイスキー・バイブル」で世界一に選ばれています。

 

  • 山崎シングルモルト
    • 山崎蒸留所(関西にある。JR大阪駅から30分程の場所)のモルト原酒で作られたシングルモルトウイスキーのこと。
  • モルト原酒
    • 麦芽を発酵させて、数回にわたる蒸留工程の後、木製の樽で熟成させたウイスキーのこと。
  • シングルモルト
    • ひとつの蒸留所で蒸留させた原酒をブレンドして作ったウイスキーのこと。
  • シェリーカスク
    • シェリー樽という樽を用いて特殊な製法で熟成させたお酒のこと。

 

上記の事項より、様々な条件や製法を経て熟成されているとんでもなく貴重なワインであることがわかりますね。

※2017年現在では販売されていない為、入手することはおろか飲むこともままならない状況の様です。

※価格は不明ですが、恐らく数百万円はするかと…。グラス1杯で数千円から数万円。

 

その影響もあり、世界のコレクター達のなかで日本のウイスキーが大注目を浴びているのです。

その中で特に高額で取引がされ、注目を浴びているのが『軽井沢』というウイスキーなのです。

 

現在では、蒸留所は閉鎖されており、貯蔵庫のストックも全て売り払われていることもあり、その価値をどんどんと上げています。

最も古い樽から出来た軽井沢と言われる『軽井沢1960年』は、その当時、シェリー樽に詰められていたものをそのまま瓶詰にしましたが、その本数は全世界でたったの41本。

その当時の販売価格は200万円にも上ったそうです。

しかし、それでもコレクター達の中では人気に火がつき、2015年8月に香港で行われたオークションで日本の競売史上最高額となる、約1,400万円で取引が為されました。

 

現在はインターネット経由で購入できる!

さて、こんなにも凄そうなウイスキーである『軽井沢』ですが、インターネットの力をもってすれば購入することが出来ます。

価格はお手頃な200万円です。高すぎ。

 

感想・豆知識

ちなみに、上司は一度だけ『軽井沢』を飲んだことがあるらしいです。

コンビニで売ってるようなブラックニッカとかではなく、ちゃんとした(と言ったら怒られそうだけど)ウイスキーを飲んだことがある方は、その香りも楽しまれているかと思います。

この『軽井沢』、香りがものすごすぎて30cmくらい離れていても顔全体に香りの塊をぶつけられるくらいの芳醇な香りがするようです。

実際に飲んでみた感想は「ピリピリしなかった」という幼稚園児レベルの感想だったのでこれ以上は割愛させて頂きますが、その香りの強さに度肝を抜かれたとのことです。

 

ちなみに、現在インターネットで見かける『軽井沢』は全て丸い瓶に入っていますが、その当時は角瓶もあったようで、角瓶の方が希少価値は高いらしいです。

 

もし、超高額なウイスキーに興味がおありの方は、こちらのリンクから覗きに行かれてみてはいかがでしょうか?

購入は自己責任でお願いします。

※飲酒は20歳を超えてからですよ!未成年での飲酒は犯罪です。

 

ってか、日本酒の話はどこ行った?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です