お問い合わせフォームはココをクリック!

【仕事術】良い情報を集めるための極意!~息を吸うには、まず息を吐く~

どうも、つぶまめ(@tsubutsubumame2)です。

先日、営業で外回りをしている時、小学生の男の子とそのお母さんが校長先生に「校長先生、さようなら〜」と手を振って帰っていくという光景を目にしました

 

その時にふと、自分が小学生の時に「水泳の授業に校長先生が参加する」という不思議な体験をしたことを思い出しました。

実は泳ぐのが大の苦手だったんですが、校長先生に言われたアドバイスのおかげでその日のうちに泳げるようになったんです

その時に学んだ経験って、他のことにも応用できることだよなーと思ったので、その時の教えを備忘録がてらまとめてみたいと思います。

長い距離を泳ぐためには息継ぎが必要。息継ぎをするためには?

その昔、ぼくは泳ぐのがとても苦手でした。

25mプールを泳げませんでした。

 

なぜ苦手だったかというと『息継ぎ』がうまくできなかったんです。

それと、幼稚園生くらいの時に連れていかれたグアムの深いプールで溺れたことがトラウマになっていたんだと思います(^_^;)

だから、体育の授業はめっちゃ好きだったんですが水泳になると逃げたくなるという感じでした。

 

その日の授業も「受けたくないなぁ」と思いつつ、授業を受けてました。

ただ、いつもの授業とは違う点がひとつだけあったんです。

それは「校長先生が参加していること」。

 

いまでも「何故?」とは思いますw

もう顔も声もどんな容姿だったかさえ覚えていません。

でも、その時に教えてもらったことのおかげで泳げるようになったのは間違いありません。

 

その教えは、「息を吸うためには、まず吐きなさい」

 

これを聞いて「( ゚д゚)ぽかーん」となった方もいるでしょうねw

何を当たり前のことをwww

みたいに言われそうですが、当時のぼくはコレができていなかったんですね。

 

それを聞いたときは「あ。確かに」と深く納得していました。

その直後から、それを意識した途端に息継ぎがうまくできるようになり、25mのプールを泳げるようになったんです。

息を吸うためには息を吐く=情報収集をするためには情報を発信する

情報収集をする時も上に書いたようなことって当てはまると思うんですよね。

よく、いろんな情報を持っていて何を聞いても知ってる人っていませんか?

もしくは、特定の物事や分野に関する知識が秀でている人。

マニアとかオタクの方々ってこれに当てはまりますかね。

 

こういう人たちが、なぜ様々な情報を持っているのかと言うと「自ら情報を発信しているから」の一言に尽きます。

情報を発信している人のところには情報って集まってくるものなんですよ。本当に。

身近なところで言えば「Twitter」なんかがそうですよね。

情報を発信する→フォロワーが増える→フォローする→フォロワーが自分の知らない情報を発信してる、みたいな。

なので、情報収集の極意って自分から情報を発信することだと思うんですよね。

 

まずは何でも良いから自分から情報発信をすること

まずは何でも良いから情報を発信することが大事です

 

間違っていてもいいと思うんですよね。

間違っていたら指摘してくれる人が必ずいます。

指摘されたら直せばいいんですから。

 

間違いを恐れず、多くの情報を発信して、多くの情報を仕入れて、さらに多くの情報を発信してみましょう。

そうすることで自身も身につきますし、今後の人生がより明るいものになりますよ。

と思ったので備忘録。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です