➡スマホ代を安くしたい方にオススメの格安SIM

LINEモバイルのデータフリーまとめ!一部のSNSは使い放題にならないので注意!

どうも、格安SIMライターのつぶまめ(@tsubutsubumame2)です。

この記事では、LINEモバイルの特徴ともいえる機能「データフリー」について解説していきます。

データフリーは、LINEやTwitterなどのSNSが使い放題になる便利な機能ですが、一部のSNSではすべての機能が使い放題という訳ではないんです

使い放題になる機能・ならない機能を知っておかないと、LINEモバイルに乗り換えても不満に感じる方もいるかと思うので、ぜひ最後までご覧ください。

☆今月のキャンペーン情報はこちら☆
LINEモバイル

LINEモバイルのデータフリーとは

LINEモバイルのデータフリーは、LINEやTwitterなどのSNSを使用してもデータ通信量がカウントされないサービスです。

データフリー対象のSNSは以下の通りです。

LINEモバイルのデータフリー対象SNS

  • LINE
  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • LINE MUSIC

仮にLINEモバイルで契約しているプランのデータ容量を使い切ったとしても、上記のSNSに関しては速度制限に悩まされることがありません。

LINEモバイルの料金プランによってデータフリー対象のSNSが変わる

LINEモバイルには3つの料金プランがあり、それぞれでデータフリー対象のSNSが異なります。

LINEモバイルの料金プランとデータフリー対象SNS

  • LINEフリープラン
    • LINE
  • コミュニケーションフリープラン
    • LINE、Twitter、Facebook、Instagram
  • MUSIC+プラン
    • LINE、Twitter、Facebook、Instagram、LINE MUSIC

各料金プランについては次の項目で簡単にご紹介します。

LINEモバイルの料金プラン

LINEフリープラン

データ容量音声通話SIMデータSIM(SMS付き)データSIM
1GB1,200円620円500円
LINEフリープランが向いている人
  • LINEアプリをメインに家族や友達と連絡を取る人
  • 月額料金をとにかく安く抑えたい人
  • 基本的にWiFi接続で動画を観たり人

LINEフリープランは、LINEアプリのみがデータフリーで使い放題になるプランです。

LINEモバイルの中では最も月額料金が安いので、とにかく月額料金を節約したいという人に向いています。

また、基本的にWiFiに接続してインターネットを使ったり動画を観たりする人は大きいデータ容量のプランを契約する必要がないので、LINEフリープランが向いていると言えるでしょう。

コミュニケーションフリープラン

データ容量音声通話SIMデータSIM(SMS付き)
3GB1,690円1,110円
5GB2,220円1,640円
7GB2,880円2,300円
10GB3,220円2,640円
コミュニケーションフリープランが向いている人
  • LINEアプリ以外のSNSをたくさん使いたい人
  • ひと月のデータ容量が1GBでは足りない人
  • 外でも動画を観たりゲームアプリをしたい人

コミュニケーションフリープランは、LINEアプリ以外にもTwitter、Facebook、Instagramが使い放題のプランです。

ひと月のデータ容量は3GB、5GB、7GB、10GBの4種類から選べるので、自分の使い方にベストなプランを選ぶことができます。

LINEモバイルの中で最も利用者が多いのは3GB・5GBのプランなので、プラン選びに悩んだらとりあえず3GBプランを選ぶのが良いでしょう。

MUSIC+プラン

データ容量音声通話SIMデータSIM(SMS付き)
3GB2,390円1,810円
5GB2,720円2,140円
7GB3,280円2,700円
10GB3,520円2,940円
MUSIC+プランが向いている人
  • LINEアプリ以外のSNSをたくさん使いたい人
  • 外で音楽配信を楽しみたい人

MUSIC+プランは、LINE、Twitter、Facebook、Instagramに加えて、LINE MUSICも使い放題になるプランです。

LINE MUSICでは今話題の曲がストリーミング再生で楽しめるので、SNS以外にも音楽をとことん楽しみたいという人に向いています。

データフリーの対象となる機能・ならない機能

LINEモバイルのデータフリーの対象となるサービスは以下の通りであることはご紹介してきた通りです。

LINEモバイルのデータフリー対象SNS

  • LINE
  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • LINE MUSIC

これらのアプリやSNSは基本的に使い放題となりますが、一部の機能においてはデータフリーではなく通常通りデータ通信を行うものがあります

ここで各アプリやSNSにおけるデータフリーになる機能・ならない機能について確認していきましょう。

LINE

データフリーになる機能データフリーにならない機能

  • テキスト、音声メッセージ、スタンプ、画像、動画、その他ファイルなどのトーク内での送受信
  • 音声通話・ビデオ通話
  • タイムラインでの投稿、閲覧
  • 友達追加、閲覧
  • ニュースのトップ画面の閲覧
  • ウォレットのトップ画面の閲覧
  • 着せ替え、スタンプのダウンロード
  • アカウント設定

  • URLなどからの外部リンクへの接続
  • LINE LIVEの利用
  • ニュースの各記事の詳細の閲覧
  • スタンプショップ、着せ替えショップの閲覧
  • LINE Pay、LINEポイント、請求書の支払い、コード支払いコードリーダー、送金の利用
  • LINE提供の他サービスの利用

今では多くの方がメインの連絡ツールとして使っているLINEアプリ。

トーク画面でのテキストのやりとり、画像や動画の送信、音声通話などはデータフリーの対象なのでどれだけ使っても問題ありません。

ですが、LINE LIVEやLINEニュース、LINE Payの利用に関してはデータフリーの対象外なのでご注意ください。

Twitter

データフリーになる機能データフリーにならない機能

  • ツイートの投稿、閲覧(画像、動画含む)
  • 通知、メッセージ、トレンド、モーメントの使用
  • プロフィール、設定
  • ウェブブラウザでの使用

  • URLなどからの外部リンクへの接続
  • ツイートに含まれる動画サイトの閲覧(Youtube, Vimeoなど)
  • 公式アプリ以外でのTwitterの利用
  • Periscope(ライブ動画)の閲覧、配信

多くの方が利用しているTwitterも、基本的な機能に関してデータフリーの対象となります。

ですが、ツイートに含まれるYouTube・Vimeoなどの再生、Periccopeの閲覧や配信はデータフリーの対象外なので気を付けましょう。

Facebook

データフリーになる機能データフリーにならない機能

  • フィードの投稿、閲覧(動画、画像を含む)
  • お知らせ、友達リクエスト、その他の利用、閲覧
  • プロフィール、設定の閲覧、編集
  • ウェブブラウザでの使用

  • URLなどからの外部リンクへの接続
  • 投稿に含まれる動画サイトの閲覧(Youtube, Vimeoなど)
  • ライブ動画の閲覧、配信
  • Messengerの使用

Facebookは、自分の名前や略歴などを設定することで今までの知り合いとネット上で繋がれるSNSです。

フィードの投稿や知り合いの投稿を閲覧するなどの使い方であればデータフリーの対象となりますが、外部サイトへの接続や動画再生、ライブ閲覧・配信は対象外となります。

Instagram

データフリーになる機能データフリーにならない機能

  • タイムラインの投稿、閲覧(画像、動画を含む)
  • ストーリーズの投稿、閲覧
  • 検索機能の使用(画像、動画を含む)
  • アクティヴィティの使用、閲覧
  • メッセージの使用
  • プロフィール設定の編集、閲覧
  • ウェブブラウザでの使用

  • URLなどからの外部リンクへの接続
  • ライブ動画の閲覧、配信

若い世代に人気のInstagramは、気軽に画像や動画などをシェアできるSNSです。

さまざまな画像や動画の投稿・閲覧など、Instagramのキモとなる機能についてはデータフリーの対象となっています。

ですが、Instagramのライブ配信や他の人のライブ動画の閲覧ではデータフリーの対象外となるのでご注意ください。

LINE MUSIC

データフリーになる機能データフリーにならない機能

  • ホーム、検索、カテゴリ、マイミュージックの使用
  • 楽曲、音声の視聴
  • 楽曲のダウンロード(オフライン再生)

  • なし

LINE MUSICは、LINEが提供している音楽ストリーミングサービスです。

CDなどから音楽を取り込む必要なく、LINE MUSICが提供している楽曲をいつでも気軽に聞くことができます。

Youtubeなどで音楽を聴く場合はデータ通信量がカウントされてしまいますが、MUSIC+プランならいつでも好きな音楽を楽しめます。

ただし、LINEモバイルのオプションの「LINE MUSICオプション」はデータフリーの対象外です。

LINE MUSICがデータフリーで使い放題となるのは、あくまで「MUSIC+プラン」を使っている方のみなので覚えておきましょう。

データフリーに関する注意点

LINEモバイルのデータフリーにはいくつか注意点があるので確認しておきましょう。

データフリー対象のSNSの全ての機能が使い放題にはならない

LINEモバイルのデータフリー対象のSNSを利用する際、データフリーの対象外となる機能があります。

簡単に説明すると、

  • URLなどからの外部リンクへの接続
  • ライブ動画の閲覧、配信
  • 投稿に含まれる動画サイトの閲覧(Youtube, Vimeoなど)

といった機能を使うと、データフリーの対象外となるのでデータ容量を消費していきます。

「外部リンクへの接続」と「ライブ動画」は、対象外となることを意識しておきましょう!

LINEモバイルの速度制限時のデータフリーについて

LINEモバイルのデータフリーは、仮にデータ容量を使い過ぎて速度制限になっても対象のSNSサービスは遅くなりません。

ですが、大容量のデータ送受信を継続的に行なった場合は一時的な通信制限がされる可能性があります。

LINEやTwitter、Instagramなど長時間の動画再生や何十枚もの画像アップロードをすると制限されてしまうかもしれないので注意しましょう。

データフリーサービスの内容変更、追加の可能性

今後、データフリーサービスの内容が変更、または追加される可能性があります。

LINEモバイルには、おトクな情報をまとめて紹介してくれる「LINEモバイル公式ブログ」があるので、こちらをチェックしてみてください。

まとめ

LINEモバイルのデータフリーまとめ
  • LINEモバイルのデータフリーは対象SNSが使い放題になる機能のこと
  • 料金プランによってデータフリー対象のアプリやSNSが異なる
  • データフリー対象のアプリやSNSの全ての機能が使い放題になる訳ではない

LINEモバイルのデータフリーは、LINE、Twitter、Facebook、InstagramといったSNSが使い放題になる素晴らしいサービスです。

LINEモバイルに乗り換えれば速度制限に悩まされることなく、これらのSNSは使い放題で画像や動画のアップロードを気軽に行えるようになります。

「外部リンクへの接続」と「ライブ動画の配信・閲覧」はデータフリー対象外なので、この点にさえ気を付ければ快適にスマホを使うことができます。

データフリー以外にも、LINEモバイルを契約するメリットは17個もあるので、LINEモバイルが気になっている方はこちらをご覧ください。

たったの4ステップで簡単に乗り換えができるので、今すぐに乗り換えたいという方はこちらもあわせてご覧ください。

☆今月のキャンペーン情報はこちら☆
LINEモバイル

2 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です