お問い合わせ・レビュー掲載のご依頼はこちら

月197時間の違法残業をさせた企業を全国で初の社名発表…それって晒しあげてるだけじゃない?

どうも、つぶまめ(@tsubutsubumame2)です。

本日、Yahooニュースに衝撃的なニュースが載っていました。

それがこちら。

月197時間の残業…!?

え、あの、ちょっと待って、ひと月って何時間だっけ。

とにかく一言「ヤヴァイ」。

 

ということで、今回は『違法残業』に対してぼくの思うことを書いていこうと思います。

 

月197時間の残業…1日17時間労働だった

ざっくりと計算してみました。

こちらは運送会社(社名は当サイトでは公表しません)のようなので、一般的な企業と就業形態が違うとは思いますが、とりあえず計算結果をどうぞ。

 

月22日労働(=週2休み)の場合

  • 1日8時間労働×22日=176時間

この「176時間」というのが基本的な数字ですね。

この時点で上記の197時間残業の『197』という数字に届いていないんですが…。

 

月30日労働(=休みなし=労働法違反)の場合

  • 1日8時間労働×30日=240時間

※比較対象としての数字を出すまでに計算してみました。

 

月22日労働、1日あたり2時間の残業をした場合

  • (1日8時間労働+2時間の残業)×22日=220時間

上記の数字が一般企業でよく見かけそうな数字でしょうか。

仮に9時出社で18時が定時の企業(1時間休憩)の場合、20時に仕事を終えて帰宅するという流れですね。

1日2時間程度の残業を毎日したとしてもひと月当たりの労働時間は『220時間』です。

 

月22日労働、1日あたり6時間の残業をした場合

  • (1日8時間労働+6時間の残業)×22日=308時間

9時出社して18時が定時(1時間休憩)の企業で、日付が変わるくらいまで残業をするとこの数字となります。

ひと月当たりの労働時間が大台の300時間を超えました

 

月197時間の残業って1日あたりどんくらい?

ということで、早速「月197時間残業」に関する計算をしてみました。

普通の業務時間に、上記の197時間をプラスしてみます。

  • 1日8時間労働×22日間=176+今回の残業時間197時間=373時間

つぶまめ

400時間間近かよ…ヤベェ

この「373時間」という数字を22日で割ってみると、197時間残業1日当たり17時間労働です。9時間残業です。

 

この数字、やばくないですか。

1日って人類みな平等で24時間しか与えられていないワケですよ。

食事とかトイレとか寝る時間とか、もっと言えば職場までの移動時間とか考えて、それらがたったの7時間程度しかないという計算ですよ。

改めて言いますが、この数字やばいですよ。本当に。

(※注意して頂きたいのが上記はひと月8日~9日の休みがある前提の計算であるということです)

 

仮に、休みなしで30日間毎日働き続けたとしても1日あたり約6時間の残業。

要するに9時出社18時定時(1時間休憩)の人が毎日24時まで残業をしていると月197時間残業と言う数字を達成することが出来る計算ですね。

つぶまめ

鬼すぎワロエナイ

社名公表は意味があるのか?

 

結論から言うと「社名公表だけじゃ意味がない」と思っています。

 

違法残業をさせていただ会社名を公表する。するとどうなるか。

労働者目線で言えば、そんな残業させられる会社で働こうと思う人なんて出てこないと思います。

そして、いま働いている人が退職する、もしくはなんらかの形で働けなくなった場合、働き手がいなくなる一方で会社として機能しなくなります。

ゆくゆくは倒産する流れになるでしょう。

 

経営者目線。これは正直わかりかねる部分ではありますが、考えられるとすれば、

違法残業をさせている会社と取引をしている

=社員が体を休められていない

=事故の可能性が高くなる

=事故が起きた場合の自社商品の損失

 

となって、こちらもプラスには働かないように感じます。

 

社名公表はただの晒しあげにしかなっていないと思います。

晒しあげるだけじゃなくて、今後、その会社がどのような罰則を受け、どのようにその環境を改善していくのかも併せて報道すべきだと考えています。

今の報道は「その後」を映さなさすぎる気がします。

労基法違反の罰則金はたかだか30万円程度

少し調べてみたところによると、労働基準法を違反した企業に対する罰則金って「30万円程度」なんですね。

罰則金ですから、命じられたらそれを支払って終わりです。

これを重くすれば労基法違反がなくなるのか?と言われるとそうではないと思いますが、それでも罰則金30万円という数字は低く見えてしまいます。

MEMO

※こちらのサイトを参考とさせて頂きました。

>>参考URL:労働基準監督署対策相談室

 

労働者は、経営者の道具ではない

「労働者は、経営者が好き勝手に使ってよいものではない」というのが持論です。

ぶっちゃけ、社長は遊んでいてもいいと思うのです。事業計画とか資金繰りとか取引先回りとかやることさえしっかりしていれば。

そして、その「やること」の内に労働者の面倒を見るという事も含まれていると思うんですよね。

 

社長が遊んでいてもお金が入ってくるのは働いてくれている労働者がいるからです

その労働者がいなきゃ自分は遊んでいられないんだから「働いてもらってるという自覚」を持たなきゃダメでしょう。

そこを勘違いしている大馬鹿野郎が、労働者のなんのケアもせずに「働かせてやっている」という感覚で使うから、社員の鬱憤が溜まって大爆発を引き起こすんですよ。

「働いてもらっている」という感覚を持っていれば、こんな197時間もの残業を放っておくなんてこと出来ないです。

晒しあげるだけではなく、その後までを映して

今回のこのニュースで言いたいことは2点です。

  • 197時間もの残業を放っておいた企業
    • 潰れることはいつでもできる。どのように改善して立て直すのか。潰れない様もがいてほしい。
  • 晒しあげるだけのメディア
    • 問題提起だけではなく解決に向けてどうすべきか、その後の動きや影響に関する報道を。

以上、思うことをつらつらと述べてみました。

 

書いてて思ったけど、197時間残業って飲食店の正社員とかこれ余裕で行くことあるよね。

ぼく自身、飲食店で正社員として働いていました(流石にここまでの残業はなかったです)が、ぜひこの記事をご覧になられたら働く場所を変えることをお勧めします。

それでは。

 

2017年9月9日追記

2017年9月9日時点でYahooニュースを見ていたら下記のようなニュースが出ていました。

あぁ、やっぱり同じように感じる人はいたんだなぁという感想。

そして、最後は下記のように締めくくられています。

今回の企業名公表においても、大宝運輸をブラック企業と批判するに終始するのではなく、これを機に、運輸業の経営や労働環境を厳しくしている構造問題が何なのかということを明らかにし、どうすればそれを改善していけるのかということに着眼し、建設的な議論や政策につなげていくことが望ましい。

残業197時間の運輸会社「社名公表」への疑問より抜粋

うむ、問題点を挙げるだけではなく、どうすれば解決・改善できるのか?という点が必要であると書かれていますね。

人手不足…これはどう解決すれば良いんですかねぇ。

我々消費者側からすれば、Amazonや楽天といったサービスを活用すれば、いつでも好きなものを好きなタイミングで入手することが出来ます。

その反面、必ず「配送する人」というのが必要なワケで。

その配送する人たちのおかげで今の生活が支えられているワケですが、そこで働いている人たちの生活が守れていないという矛盾。

うーん…すいません、ない知識を振り絞って考えてみましたが妙案が思い浮かびませんでした。

皆さんは、この問題についてどのように思われますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です