お問い合わせ・レビュー掲載のご依頼はこちら

【2018年版】LINEモバイルの評価や評判は?今さら聞けない乗り換え方法と注意点まとめ

どうも、格安SIMライターのつぶまめ(@tsubutsubumame2)です。

この記事では、LINEモバイルについてわかりやすく解説していきます。

もしあなたがドコモやau、ソフトバンクで毎月5,000円以上の携帯料金を支払っているのであれば、LINEモバイルに乗り換えるとで年間45,000円以上の節約ができます

大手キャリアが2年契約であることを考えれば、約90,000円以上も節約できるのでその分のお金を旅行や趣味など好きなことに使えるようになりますね。

当然、毎月の携帯料金が安くなっても通話もできればインターネットも見れてアプリだってなんだってできます!

しかもLINEをはじめとする主要SNSに至っては使い放題のデータフリーです!

魅力たっぷりのLINEモバイルとはどういったサービスなのか?・LINEモバイルへの乗り換え方法は? その全貌を解説していきたいと思います!

☆今月のキャンペーン情報はこちら☆
LINEモバイル

LINEモバイルの特徴は?料金プランは?

LINEモバイルは、今では連絡手段として定着しているアプリ「LINE」が運営している格安SIM(MVNO)です。

格安SIMは、簡単に言うと「スマホの中に入っている小さなICカード(SIM)を申し込んで、いま使っている携帯電話に差し替えるだけで毎月の携帯料金が格段に安くなる」というものです。

MVNOとは格安SIMを運営している会社をまとめた総称ですが、このあたりの難しい用語を覚える必要はありません。

とにかく毎月の携帯料金が安くなる・LINEの会社が運営している、の2点だけ覚えてもらえればOKです。

LINEモバイルの料金プラン

LINEモバイルには3つの料金プランがあり、それぞれで使い放題となるアプリが異なります。

LINEモバイルの3つの料金プラン

  • LINEフリープラン|LINEが使い放題の最安プラン
  • コミュニケーションフリープラン|主要SNSが使い放題の人気プラン
  • MUSIC+プラン|LINE MUSICも使い放題になる最強プラン

LINEフリープラン|LINEが使い放題の最安プラン

データ容量音声通話データ+SMSデータSIM
1GB1,200円620円500円

※データフリー対象サービス:LINE

LINEフリープランがオススメの方
  • LINEで家族と連絡が取れれば良い
  • スマホ代をできる限り安くしたい
  • お子さんにスマホを持たせたい

LINEフリープランは、LINEアプリが使い放題となる最安プランです。

ひと月に使えるデータ容量は1GBのみなので、LINEをメインに使っている人や基本的にWi-Fiに接続して使う人にオススメのプランです。

コミュニケーションフリープラン|主要SNSが使い放題の人気プラン

データ容量データ+SMS音声通話
3GB1,110円1,690円
5GB1,640円2,220円
7GB2,300円2,880円
10GB2,640円3,220円

※データフリー対象サービス:LINE、Instagram、Twitter、Facebook

コミュニケーションフリープランがおすすめの方
  • LINE以外のSNSも使う
  • 高校生になって初めてスマホを持つ
  • 写真や動画をSNSに投稿することが多い

コミュニケーションフリープランは、自分で好きなデータ容量を選んで申し込めるLINEモバイルの人気プランです。

LINEはもちろん、TwitterやInstagramなどの主要SNSもデータフリーとして使い放題になります。

写真や動画をSNSにアップロードする際は大量のデータ通信が行われますが、それを気にしなくて済むのが嬉しいですね。

データ容量に迷ったら赤太字の3GBプランがオススメです。

MUSIC+プラン|LINE MUSICも使い放題になる最強プラン

データ容量データ+SMS音声通話
3GB1,810円2,390円
5GB2,140円2,720円
7GB2,700円3,280円
10GB2,940円3,520円

※データフリー対象サービス:LINE、Instagram、Twitter、Facebook、LINE MUSIC

MUSIC+プランがおすすめの方
  • LINE MUSICを使っている(使う予定)
  • SNSも音楽もスマホで楽しみたい
  • 音楽サービスを安く利用したい

LINEが運営する音楽サービス「LINE MUSIC」も使い放題となる最強のプランがMUSIC+プランです。

主要SNSも使い放題なので、スマホで音楽を楽しみつつSNSも頻繁に使う人に最適な料金プランですね。

YouTubeなどで高画質動画を楽しみたいという人はデータ容量で5GBを選ぶとちょうど良いのでオススメです。

ドコモ/ソフトバンク回線の2種類から選べる

LINEモバイルではドコモ回線とソフトバンク回線の2種類から好きな方を選べます。

いまがドコモならドコモ回線、ソフトバンクならソフトバンク回線を選べば通信エリアを気にすることなく端末もそのままで毎月の携帯料金を大幅に安くできます

アプリや写真などのデータは端末本体に保存されているので、データが消えたり移動させたりといった心配や手間がないので、安心して乗り換えることができますよ。

>>LINEモバイルへの乗り換え方法はこちら

auスマホを使う場合はSIMロック解除が必須

画像引用:注意事項|動作確認済み端末検索

いまauを使っている人は、SIMロック解除できる端末であればLINEモバイルでそのまま使うことができます。

iPhoneなら「6s」以降、Androidスマホに関しては通信方式に非対応の可能性があるので「動作確認済み端末検索」で問題なく動作するかを確認してから申し込みましょう。

SIMロック解除をすれば「SIMフリー端末」という扱いになるので、ドコモ回線・ソフトバンク回線どちらでも利用することができます。

LINEモバイルにMNP乗り換えするとどれくらい安くなるの?

大手携帯キャリアを使っている人からすると「実際にどれくらい安くなるの?」と思う人は少なくありません。

そこで、LINEモバイルと大手携帯キャリアで毎月の携帯料金の比較をしていきます。

どれくらい安くなるのかイメージがわかない・計算するのが面倒くさいという人は、ぜひ料金シミュレーションの結果を見ていってください!

音声通話プランで1GBの場合

1か月あたり1年間2年間
LINEモバイル
LINEフリープラン
1GB
1,200円14,400円28,800円
NTTドコモ
シンプルプラン
~1GB
4,180円50,160円100,320円
差額2,980円35,760円71,520円

※LINEフリープラン、シンプルプランのどちらも音声通話は20円/30秒

LINEモバイル、ドコモどちらも最安プランで使った場合の差額は1か月で「2,980円」です

ほとんどスマホを使わない・メールチェックやネットサーフィンをする程度の使い方だとしても、2年間で70,000円以上も差が出てくるのでもったいなく感じますね。

音声通話プランで3GBの場合

1か月あたり1年間2年間
LINEモバイル
コミュニケーションフリープラン
3GB
1,690円20,280円40,560円
NTTドコモ
シンプルプラン
~3GB
5,280円63,360円126,720円
差額3,590円43,080円86,160円

LINEモバイル、ドコモどちらも標準的でバランスの良いプランで使った場合の差額は1か月で「3,590円」です

動画視聴やゲームアプリをそこそこ使う人の場合、2年間で85,000円以上も差が出てきます

音声通話プランで5GBの場合

1か月あたり1年間2年間
LINEモバイル
コミュニケーションフリープラン
5GB
2,220円26,640円53,280円
NTTドコモ
シンプルプラン
~5GB
6,280円75,360円150,720円
差額4,060円48,720円97,440円

LINEモバイル、ドコモどちらも申し込み数が多い5GBプランで使った場合の差額は1か月で「4,060円」です

重めのゲームアプリや高画質の動画視聴、テザリングを使うなど、ある程度重めの使い方の場合は2年間で90,000円以上の差があります

LINEモバイルに乗り換えると、2年間で90,000円以上も節約できるので旅行や趣味など好きなことにお金が使えるようになりますね!


なお、上記の比較は端末代金を含んでいません。

端末代金を含む場合はもう少し差が縮まりますが、それでもLINEモバイルにすることで毎月の携帯料金を大幅に節約することができます

毎月の携帯料金を安くしたい!好きな物を買いたいし好きなことにお金を使いたい!という人は、LINEモバイルへの乗り換えをオススメします!

LINEモバイルのメリット|おすすめポイント5つ

LINEモバイルのメリットは月額料金が安くなること以外にもたくさんあります。

その中から特に、これからLINEモバイルに申し込む人にとってメリットだと感じる部分を抜粋したので紹介します!

  • LINEや主流SNSが使い放題のデータフリーが標準装備
  • LINEのID検索が使える唯一の格安SIM
  • データ通信量は家族や友達とシェアできる!
  • LINE Payカードを使えばクレジットカードがなくても申し込み可能!
  • 招待プログラムであなたの家族や友達もおトクに申し込める

LINEや主流SNSが使い放題のデータフリーが標準装備

LINEモバイルはLINEをはじめとする主要SNSが使い放題のデータフリーが標準装備されています。

対象サービスであればどれだけ使ってもデータ通信量を消費することなく、仮にデータ容量を使い切ってしまって速度制限がかかっていても対象サービスだけは通信速度が落ちません。

LINEモバイルの料金プランによってデータフリーの対象サービスは異なるので覚えておきましょう。

LINEモバイルのデータフリー対象サービス

  • LINEフリープラン|LINE
  • コミュニケーションフリープラン|LINE、Twitter、Instagram、Facebook
  • MUSIC+プラン|LINE、Twitter、Instagram、Facebook、LINE MUSIC

LINEのID検索が使える唯一の格安SIM

LINEアプリでID検索機能を使うためには、大手キャリアのマイページと連携させて年齢認証を行う必要があります。

つまり、格安SIMでは大手キャリアのマイページが使えないので実質ID検索機能が使えません。

ところが、LINEモバイルは格安SIMであるにもかかわらずLINEアプリのID検索機能を使うことができます

さすがLINEの会社ということもあってサービスに抜かりないですね!

データ通信量は家族や友達とシェアできる!

余ってしまったデータ容量は、LINEモバイルを使っている家族や友達にプレゼントすることができます

余ったデータ容量は翌月に繰り越すことができますが、プレゼントはLINEアプリ経由で簡単にできるので家族や友達が速度制限で困っていたら助けてあげるのがよいですね。

LINE Payカードを使えばクレジットカードがなくても申し込み可能!

LINEアプリを使っている人なら誰でも発行可能なプリペイド式カードである「LINE Payカード」。

本来、LINEモバイルに申し込むにはクレジットカードが必須ですが、LINE Payカードがあればクレジットカードを持っていなくてもLINEモバイルに申し込むことができます

また、LINE Payカードへの入金(チャージ)方法で銀行振り込みを選べるので「疑似口座振替」でLINEモバイルを使うことができます。

招待プログラムであなたの家族や友達もおトクに申し込める

LINEモバイルには招待プログラムが用意されており、紹介した人数×1,000LINEポイントをもらえます

LINEポイントはAmazonギフト券に交換したりLINE Payの残高に追加したりなど、様々な使い道があるので貰って損をするものではありません。

紹介された側も音声通話SIMの契約事務手数料3,000円が0円になるのでとてもおトクです。

お互いにとって嬉しい特典なので家族や友達でLINEモバイルにするか迷っていたら招待プログラムを教えてあげましょう!

☆今月のキャンペーン情報はこちら☆
LINEモバイル

LINEモバイルのデメリット|注意点は5つ

LINEモバイルに乗り換えることでたくさんのメリットを受けられますが、いくつかデメリットもあります。

個人的に気になった「惜しい!」という点を抜粋していくので、現時点でLINEモバイルに申し込みたいと思っている人はしっかりと注意点を確認しておきましょう

  • LINEモバイルの通信速度は遅いかも?
  • LINEモバイルではデータSIM⇔音声通話SIMの変更はできない!
  • 新iPhoneや新機種のLINEモバイルでの動作確認が遅い
  • LINEモバイルではキャリアメールが使えなくなる
  • LINEモバイル専門のショップがない

LINEモバイルの通信速度は遅いかも?リアルな口コミや評判まとめ


LINEモバイルをはじめとする格安SIM全般に言えることですが、ドコモやソフトバンクから回線(SIM)を借りてサービスを展開しているので、大手キャリアと比較すると速度は遅くなりがちです。

特に平日12~13時、20~23時はアクセス数が増加する傾向が強いです。

そのため、速度が遅くなることが多く「なかなかインターネットにつながらない」「SNSの読み込みが遅い」など快適にスマホを使うことができません。

でも、LINEモバイルはSNSに関してはデータフリーなので速度が遅い時間帯でも快適にSNSを使えることが強みです

また、実はスマホを使う分には2~3Mbps程度の速度が出れば十分なので、月額料金が安くて通信速度が遅いと言っても、使ってみたら全く問題がなかった!という人が多いです。

通信速度が不安…という人でも、ストレスを感じることなく利用できるかと思いますよ!

LINEモバイルではデータSIM⇔音声通話SIMの変更はできない!

LINEモバイルには大きく分けて「データSIM」と「音声通話SIM」の2種類があります。

データSIMはアプリや動画などインターネットに接続する機能のみ、音声通話SIMはデータSIMに音声通話機能が付いたもの、と思ってもらって構いません。

基本的にデータSIMの方が月額料金が安く申し込まれやすいのですが、あとから音声通話SIMに変更することができません

正確にはデータSIMを解約したあとで改めてLINEモバイルの音声通話SIMに申し込む必要があります。

この手順で申し込んだ場合、契約事務手数料3,000円を2回支払うことになってしまいます(データSIM・音声通話SIM契約時それぞれで発生する)。

無駄にお金を支払うことになってしまうので、LINEモバイルに申し込む際は「音声通話をするかどうか」でどちらのSIMに申し込むかを決めてみてくださいね

新iPhoneや新機種のLINEモバイルでの動作確認が遅い

LINEモバイルをはじめとする格安SIMによくあることですが、新型iPhoneや新機種が発売された時の動作確認が遅いです

特にLINEモバイルはその動作確認が遅い傾向が強く、2018年に発売された「iPhone XS」「iPhone XS MAX」の動作確認がまだ行われていません(2018年11月現在)。

基本的に「SIMフリーモデル+SIMカードのサイズ」が合っていれば新型iPhoneでも格安SIMを使えます

ただし、格安SIMを提供するMVNOでの動作保証がされていないので、あくまで使用は自己責任ということになります。

少し不安が残るような感じになるので、新型iPhoneや新機種が発売されたら毎回買う!という人の場合は大手キャリアや動作確認が超速い「IIJmio」を選ぶなどした方が良いですね。

LINEモバイルではキャリアメールが使えなくなる

LINEモバイルに乗り換えるとキャリアメール(@docomo.ne.jp、@softbank.ne.jp)は使えなくなります

基本的にYahoo!メールやGmailなどのフリーアドレスを使うことになるので覚えておきましょう。

最近はLINEやTwitterなどで連絡をする人が多いので大きな問題ではないかもしれませんが、仕事などで使っている人もいると思うのでご注意ください。

LINEモバイル専門のショップがない

LINEモバイルには、大手キャリアやY!mobile、UQ mobileなどの一部格安SIMのような専門キャリアショップがありません

そのため、大手キャリアショップのように専門スタッフのサポートを受けることができません。

大手家電量販店(ヨドバシカメラ、カメラのキタムラなど)には即日受取カウンターが設置されていますが、主に新規・MNP乗り換え申し込みのみ対応なのでサポートは期待できません。

その部分が不安な人はLINEモバイルではなく、大手携帯キャリアや専門ショップを運営する格安SIMを選んだ方が良いかもしれません。

LINEモバイルへのMNP乗り換えはたったの4ステップで超簡単!

LINEモバイルのメリット・デメリットを見比べてみて「自分に合ってそうだなぁ」と思ったら、実際にLINEモバイルへMNP乗り換えをしてみてはいかがでしょうか?

大手キャリアからLINEモバイルへMNP乗り換えをする手順はたったの4ステップで超簡単にできますよ。

  • STEP.1
    MNP予約番号を取得する

    大手携帯キャリアからLINEモバイルへMNP乗り換えをする場合は電話で「MNP予約番号」を取得しましょう。

     

    • ドコモ:0120-800-000
    • au:0077-75470
    • ソフトバンク:0800-100-5533
    • Y!mobile:0120-921-156

    ※受付時間はすべて9:00~20:00

     

    MNP予約番号を取得するだけで違約金が発生することはないのでご安心ください。

  • STEP.2
    LINEモバイルに申し込む

    LINEモバイルの申し込みは公式ホームページから行うことができます。

    以下のリンクからLINEモバイルの公式ページを開いてください↓

    ☆LINEモバイル公式ページ:https://mobile.line.me/

    LINEモバイルの公式ホームページにアクセスしたら右上にある「申し込み」ボタンを押しましょう。

    申し込みはだいたい10分くらいで、画面の指示に従って申し込みを進めるだけなので、とっても簡単に申し込みが完了しますよ!

  • STEP.3
    利用開始(開通)手続きをする

    申し込みが終わって数日経つとLINEモバイルからSIMカードが送られてきます。

    まずは、SIMカードには触らずにLINEモバイルのマイページにログインして「利用開始手続きをする」ボタンを押して開通手続きをしましょう。

    マイページにログインできない、開通手続きが上手くできない場合は「利用開始手続き窓口(0120-889-279)」に電話をしてみてください。

  • STEP.4
    SIMカードを入れて初期設定(APN設定)をする

    LINEモバイルの開通手続きが終わったら、初期設定(APN設定)をします。

     

    iPhoneの場合

     

    プロファイルを以下のリンクからインストールするだけ

     

    Androidの場合

    設定→モバイルネットワーク→アクセスポイント一覧→APN設定画面を開いて以下の情報を入力する

    • 名前:LINEモバイル
    • APN:line.me
    • ユーザー名:line@line
    • パスワード:line
    • 認証タイプ:PAPまたはCHAP

    保存ボタンを押して表示されているLINEモバイルのAPNを選択するのを忘れずに!

     

    少し難しく見えるかもしれませんが、実際には3~5分程度で終わる簡単な設定なので安心してくださいね。

LINEモバイルへのMNP乗り換えは以上の4ステップで完了します!

最後のステップまで進めばLINEモバイルを使い始めることができますし、難しそうに見える初期設定(APN設定)も3~5分程度で簡単に終わらせられます。

実際にやってみると意外と簡単であることがわかると思うので「LINEモバイルへのMNP乗り換えは簡単4ステップ!画像入りで解説します!」を参考にしながら申し込みをしてみてください!

>>LINEモバイルに今すぐ申し込む!

LINEモバイルのキャンペーン情報について


画像引用:LINEモバイル

LINEモバイルでは、2018年11月現在「新・月300円キャンペーン」が行われています。

「新・月300円キャンペーン」は、LINEモバイルで一番人気のあるコミュニケーションフリープラン3GBがたったの300円で使えるようになるお得なキャンペーンです。

新・月300円キャンペーンについては「LINEモバイルの「新・月300円キャンペーン」は本当にお得?徹底解説します!」で詳しく解説しているのでこちらをご覧ください。

>>新・月300円キャンペーンの詳細をみる
>>LINEモバイルに今すぐ申し込む!

まとめ

LINEモバイルのおさらい!
  • LINEモバイルは最安500円で使えて主要SNSがデータフリーの格安SIM
  • LINEモバイルに乗り換えると1か月で3,000~4,000円程度も安くなる!
  • データフリー/データ容量の分け合い/招待プログラムなど特典も盛りだくさん!
  • LINE Payカードがあればクレカがなくても申し込みが可能!

この記事では、LINEモバイルがどんなサービスの格安SIMなのかをザックリと解説しました。

LINEモバイルへのMNP乗り換えと聞くと面倒くさかったり手間や時間がかかったりなどマイナスな印象が強いですが、実はたったの4ステップで簡単に乗り換えられます

毎月の料金が3,000~4,000円安くできて「SNSが使い放題のデータフリー」や「招待プログラム」などの特典が盛りだくさんです。

大手携帯キャリアから乗り換えると2年間で約90,000円も携帯料金を節約できて、趣味や旅行など好きなことお金を使えるようになるので本当にオススメですよ。

LINEモバイルの乗り換えはとっても簡単なので、ぜひ、あなたもLINEモバイルに乗り換えてみてくださいね!

☆今月のキャンペーン情報はこちら☆
LINEモバイル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です