お問い合わせ・レビュー掲載のご依頼はこちら

【テニス】サーブの調子が悪い理由は「トス」にあり!ブレないための上げ方講座

どうも、元テニスインストラクターのつぶまめ(@tsubutsubumame2)です。

あなたはテニスをしているとき、こんな場面に遭遇したことはありませんか?

  • 今日は何故だかサーブが入らない…
  • さっきまでサーブの調子が良かったのに突然入らなくなった…
  • ストロークは悪くないのにサーブだけがダメ

突然サーブが入らなくなった!などのサーブの不調は「トスのブレ」が最大の理由だといっても過言ではありません

この記事では、正しいトスを上げる方法とボールの握り方を、テニスインストラクター経験のある私が説明します。

サーブを常に安定して入れられるようにしたいのであれば、トスの正しい上げ方を身に着ける必要があります

正しい握り方を覚えて、安定したサーブを打てるように頑張りましょう!

サーブの調子が悪い理由は「トスのブレ」

テニススクールの上級クラスで練習をする人でも、ないがしろにしがちの「トス」。

ですが、この「トス」が前後左右にブレてしまうことで、あなたの打つサーブの全ての調子が狂ってしまいます

理由はとても単純です。

いつも通りの打ち方でサーブを打っているつもりでも、トスの位置がブレてしまうと「気付かないレベルで打ち方が変わってしまっている」からです。

 

たとえば、普段は頭の上でボールを打っているのにトスがブレて体の右側に上がってしまった場合、いつも通り腕を振ったら空振りしてしまいますよね。

上記はかなり極端な例ですが、このトスのブレが「気付かないレベル」で起こっていて、知らぬうちにあなたのサーブの打ち方が変わってしまっているのです

自分の感覚ではいつも通り打っている…という人でも、端から見ると体の軸が曲がってしまっていたり、腕の振り方が違っていたりなど、トスのブレによるサーブの不調に気付けない人がたくさんいます。

テニスのサーブを安定させるための正しい「トス」の上げ方・握り方

テニスのサーブが突然不調となる理由は「トスのブレ」にあることがおわかりいただけたかと思います。

それでは正しいトスの上げ方について解説していきます。

トスの上げ方

正しいトスの上げ方は「ゆっくり、ていねいに、回転をかけないように」上げることがポイントです。

よく、トスを上げる際に勢いよくボールを放り投げる人がいますが、そのトスの上げ方は間違いです。

勢いよくボールを投げてしまうと毎回違う位置に上がってしまうことが多く、サーブを打つたびにフォームが変わってしまいます。

また、ボールに回転をかけて投げるのもトスが前後左右にブレる原因となるので厳禁です。

 

トスは、上の画像のように黄色い線の方向(体からネットに向けて少し前目)に上げるのが良いです。

赤い線のように頭の真上に上げるとボールがアウトしやすく、入れにいくと弱々しいサーブになって相手に打ち込まれてしまうので気を付けましょう。

ボールの握り方

トスを上げるときの「ボールの握り方」も大事です。

トスを上げるときは、上の画像のような握り方・持ち方が主なパターンかと思います。

人によって上げやすい握り方があると思いますが、個人的に左側の持ち方はボールに回転がかかってしまうのでおすすめしません

真ん中のようなボールをつまむ持ち方、右側のようなボール全体を手のひらで包み込むように握るのが良いかと思います。

ただし、トスを上げる際にガチガチに強く握ってしまうとトスを高く上げられなくなるので、軽く握る程度にしておきましょう。

まとめ

最後に、この記事のおさらいです。

サーブの調子が悪い理由

  • 原因は適当に投げられがちな「トス」のブレにあり!
  • トスがブレることで気付かぬうちに体の軸が曲がったり、腕の振り方が変わってしまったりする
  • トスを上げる際のポイントは「ゆっくり、ていねいに、回転をかけないように」

適用に投げられがちな「トス」ですが、テニスのサーブが突然不調になる原因はここにあります。

「ゆっくり、ていねいに、回転をかけないように」

この3点を意識しながらトスをあげて、毎回同じ位置でサーブを打てるように練習してみてください。

画像は全て「Pixabay」より使用しています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です