お問い合わせ・レビュー掲載のご依頼はこちら

iCloud経由で勝手に写真が共有されるのを防ぐ設定方法まとめ【画像入りで解説】

どうも、格安SIM系Webライターのつぶまめ(@tsubutsubumame2)です。

今ではiPhoneやiPad等のApple製品を複数台持っている人も多いかと思います。

iOSのアップデートに伴い、私たちが知らない間に様々な機能が進化していて、便利な反面、時折困ってしまうこともありますよね。

その内のひとつが「複数台のApple製品で写真が勝手に共有される」という機能が挙げられます。

1台のiPhone等で撮影した写真が、同じApple IDを使っている他のApple製品にも自動で共有されるという便利な機能です。

 

ところがこの機能、使いたくないという場面もあるかと思います。というかびっくりしますよね。

私も初めてiPhoneとiPadを使い始めたとき、知らない内に写真が自動で共有されていて驚いた経験があります。

 

この自動共有機能ですが、ちゃんと設定してあげれば機能をオフにすることができるのでご安心ください!

ということで、この記事では複数台のApple製品で写真が自動で共有されるのを防ぐ方法を【画像入り】で説明していきます

自動共有される機能をオフにする方法【iPhone編】

それでは、まずはiPhoneで自動共有機能をオフにする方法から見ていきましょう。

まずはホーム画面から、赤枠内の「設定」アプリをタップします。

この画面になったら、画面上部の箇所をタップします。

Apple IDの画面になりました。

続いて、iCloudをタップします。

iCloudをタップすると、iCloudに共有したいアプリ等の設定画面になります。

この画面で「写真」をタップします。

「写真」をタップすると、このような画面になっているかと思います。

一番上にある「iCloud写真」という項目がオンになっていると、同じApple IDでサインインしている他のApple製品に写真が自動で共有されるようになります

この項目をオフにしてあげれば、このiPhoneで撮影した写真が他のApple製品に自動共有されることはなくなります

画像の赤枠内をタップしてみましょう。

すると、このような画面が表示されます。

  1. iPhoneから削除:自動共有機能をオフにしつつ、iCloud経由で表示されている写真や動画を削除する
  2. 写真とビデオをダウンロード:自動共有機能をオフにしつつ、iCloud経由で表示されている写真や動画をダウンロードする

どちらか好きな方を選びましょう。

①を選べば、「今設定しているiPhone」に表示されている、他のApple製品で撮影した写真や動画が削除されます。

②を選ぶと、他のApple製品で撮影した写真や動画をダウンロードすることができます。

なお、「今設定しているiPhone」で撮影した写真や動画が、すでに他のApple製品で表示されている場合はその端末で写真や動画を削除するか、自動共有機能をオフにしないと削除されません

ここでは、①の「iPhoneから削除」をタップして進んでみます。

①の「iPhoneから削除」をタップすると、改めて確認画面が表示されます。

もう一度「iPhoneから削除」をタップしましょう。

写真の自動共有機能をオフにしている最中です。

画像の青枠内がオフになっていれば、自動共有機能はオフになりました。

続いて、iPad編の設定方法を見ていきましょう。

ただ、手順は全く同じです

自動共有される機能をオフにする方法【iPad編】

それでは続いて、iPad編です。

同様に、ホーム画面から「設定」アプリをタップします。

画像内①の箇所をタップして、画面右側の表示が切り替わったら「iCloud」をタップします。

「iCloud」をタップしたら「写真」をタップします。

画像上部の「iCloud写真」をタップします。

「iCloud写真」をタップすると、選択画面になります。

  1. iPadから削除:自動共有機能をオフにしつつ、iCloud経由で表示されている写真や動画を削除する
  2. 写真とビデオをダウンロード:自動共有機能をオフにしつつ、iCloud経由で表示されている写真や動画をダウンロードする

どちらか好きな方を選びましょう。

仮に、先ほど設定したiPhoneで撮影した画像や動画がiPadで表示されてしまっていて削除したい場合は①を押せばOKです

反対に、iPhoneで撮影した画像や動画をiPadに残しておきたい場合は②を押せばダウンロードが開始されます。

ここでは①を押して先に進みます。

再度確認画面が出てきますので、もう一度「iPadから削除」をタップすれば写真の自動共有機能がオフになります。

これで、先ほど設定したiPhoneで撮影した写真や動画は、今設定したiPadで自動共有されなくなりました

反対に、今設定したiPadで撮影した写真や動画も、先ほど設定したiPhoneに自動共有されなくなっています

再び共有させたい場合は、今と全く同様の手順で設定を行えば自動共有機能をオンにすることができます。

そもそもiCloud経由の自動共有機能が便利な場面とは

この「iCloud経由の自動共有機能」が便利な場面とは、どのような場面でしょうか。

私が思うに、以下のような場面では有効的に活用できそうです。

  • 家族で写真を共有したい場面(自分の子供の写真を自分の両親に見せたい時など)
  • 仕事で撮影した写真や動画を社内で共有したい場面

同じApple IDでサインインしておく必要はありますが、自分の子供の写真を家族内で共有したい時や、仕事の写真や動画を社内に共有したい場面では便利だと思います。

私が思いつかないような場面で活躍する機能でもあると思うので、「設定」アプリからいつでも切り替え可能である点を覚えておくと良いでしょう。

まとめ:不要な機能はオフにしよう!

以上、「iCloud経由で勝手に写真が共有されるのを防ぐ設定方法まとめ」でした。

最後に、改めて設定の手順をおさらいしておきましょう。

iCloud経由の自動共有機能をオフにする手順

  1. ホーム画面から「設定」アプリをタップする
  2. 画面上部のアイコンをタップする
  3. 「iCloud」をタップする
  4. 「写真」をタップする
  5. 「iCloud写真」をタップする
  6. 「iPhone/iPadから削除」か「写真や動画をダウンロードする」の好きな方を選ぶ
  7. 完了

普通に使う分には、あまり使う場面のない機能かと思います。

この自動共有機能は、Wi-Fiにつながっている時にだけ自動共有される機能なのでデータ通信量は使用されません。

ですが、あまりに大きな容量の画像や動画の場合、Wi-Fiだけではアップロードできずモバイルデータ通信量が消費されることがあります

それを防ぐ意味でも、上記の手順で使わない機能はオフにしておいた方が良いですね。

お役に立てたら光栄です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です