お問い合わせフォームはココをクリック!

ソフトバンクのセット割はデメリットがデカい!携帯電話とネット回線をまとめた場合の月額料金を暴露します

こんにちは、植物系Webライターのつぶまめ(@tsubutsubumame2)です。

今年の2月に携帯電話と自宅のネット回線をすべて「ソフトバンク」にまとめました。

そして先日、ついに3月分の請求が届いたのでその全貌を画像入りでご紹介します。

(2月分の請求は事務手数料が含まれているので除外しました)

ぶっちゃけ、ソフトバンクのセット割を使ってもそこまで安くならないかもしれません。

この記事を読むとこんなことがわかります!

  • ソフトバンクのセット割だと、月額料金はいくらになるのか
  • ソフトバンクのセット割を使うことのメリットとデメリット
  • ソフトバンクのiPhoneを安く使う方法

これから携帯電話をソフトバンクに乗り換えようとお考えの方や、セット割を検討している方の参考となれば幸いです。

それでは、本編へどうぞ。

ソフトバンクのセット割だと月額6,200円!?実際の請求書をお見せします

まずは、実際の請求書を見ていただきましょう。

基本的に紙ではなく、My SoftBankと呼ばれるWebサイトで確認をしています。

(たしか紙の請求書だと100円取られます)。

私の通信費は、ひと月当たり税込みで6,220円となりました。

つぶまめ

うん…なんか…あんまり安くないかもしれない

昔と比較すると、約1/3程度まで通信費を抑えることができているので良いのですが、皆さん的にはどうでしょうか?

そこまで「激安!!」という印象は受けないのではないでしょうか?

とりあえず、携帯電話と自宅のネット回線の請求内訳もご紹介していきますね。

ソフトバンクのiPhoneを5GB月額1,570円で使ってます!

私は現在、ソフトバンクのiPhoneを月額1,332円で使っています。

上記の金額は税込金額と税抜金額が入り混じっているので分かりにくいのですが、実際は1,570円(税込)ですね。

以前書いたSoftBankのiPhoneが月額料金1,570円!格安SIM並みの金額で使えるそのワケとは?で詳細をまとめていますので、気になる方はこちらの記事をご覧ください。

ポイントだけお伝えすると、

  • スマ放題ライト(5分通話し放題)プラン+5GB
  • 端末代金一括0円で契約
  • 端末下取りプログラム適用中
  • おうち割 光セット適用中

といった内容で契約しています。

この内容で契約することで、大手携帯キャリアであるソフトバンクのiPhoneを格安SIM並みの月額料金で利用することができます。

ネット回線はソフトバンクエアーを使用中!月額4,600円は光回線並み…

続いて、自宅のインターネット回線についてご紹介します。

私はアパートに住んでいて工事ができなかったので、SoftBank Air(ソフトバンクエアー)という据え置き型のホームルーターを使っています。

こちらも以前、SoftBank Airの速度・評判・悪い点を元携帯電話販売員が徹底的に辛口レビュー!で詳細をまとめましたので、気になる方はこちらの記事をご参照ください。

SoftBank Air(ソフトバンクエアー)は、単体で使うと月額4,880円で利用できます。

ですが、ソフトバンクの携帯電話とセットで利用することでセット割が適用となり画像の通りの料金になります

ソフトバンクのセット割を使うメリットは「請求書を一括にできる」という点だけ

ここまで、ソフトバンクのセット割を使っている私の「実際の請求書」をお見せしました。

ここからは、ソフトバンクのセット割を使うメリットとデメリットについてまとめていきます。

まずはメリットからご紹介しますね。

ソフトバンクのセット割を使うメリットは、携帯電話とネット回線の請求書をまとめられるという一点のみです。

私はフリーランスとして活動しているので、請求書がまとまっていると管理が楽ですね。

セット割にすることで月額料金が安くなるのは当然のことかな?と思ったので、他に挙げることができるメリットはこの一点だけです。

ソフトバンクのセット割を使うデメリットは2つ!

続いて、ソフトバンクのセット割を使うデメリットについてです。

このデメリットの部分は、人によってはかなり大きなデメリットになりえます

『2年間だけ』月額6,200円で使える

ソフトバンクのセット割を使う場合、月額料金6,200円程度で利用できるのは「2年間だけ」です。

iPhoneに適用されている「月月割」と「下取りプログラム」、SoftBank Air(ソフトバンクエアー)に適用されている「はじめようSoftBank Air割」は2年間しか適用されません。

SoftBank Air(ソフトバンクエアー)単体で見ると、2年後には月額料金が580円高くなってしまうので、頃合いを見計らってインターネット回線を乗り換えたいところです。

 

ところが、インターネット回線を他社へ乗り換える際にもう一つのデメリットが会心の一撃を叩き出してきます。

それが、SoftBank Air(ソフトバンクエアー)は実質4年縛りであるという点です。

ソフトバンクエアーが実質4年縛り

買い切り(分割購入)レンタル
1年目端末代金38,880円(税込)+解除料金9,500円解除料9,500円
2年目 ※最初の更新月端末代金19,440円(税込)0円
3年目 ※分割支払い終了解除料9,500円解除料9,500円
4年目 ※2回目の更新月0円0円

SoftBank Air(ソフトバンクエアー)は、端末を分割購入する場合は「36回分割」でしか購入できません。

ですが、SoftBank Air(ソフトバンクエアー)の料金プランは「2年契約(24か月)」なのです。

つまり、解除料金が発生しない最初の更新月(申し込んでから24か月経過したとき)に解約をしようとすると、それまでは月月割との兼ね合いで請求されていなかったSoftBank Air(ソフトバンクエアー)の端末代金が突然降りかかってくるのです。

その端末代金を支払うことを嫌って36回分割が終わったタイミングで解約しようとすると、今度は更新月以外での解約となるため、解除料金が9,500円(税抜)取られてしまう形になります

 

要するに、

  • セット割を適用して月額6,200円で使えるのは2年間だけ
  • 割引きが終わる2年後のタイミングで解約するとSoftBank Air(ソフトバンクエアー)の端末代金が発生!
  • 端末代金を支払い終わったタイミングで解約すると、今度は2年契約の解除料金が1万円弱かかる!
  • つまり、実質4年縛り!

ということです。

ソフトバンクのセット割を利用する場合は、このデメリットがあることを知った上で申し込むようにして下さい。

つぶまめ

ちなみに、インターネット回線を乗り換える際、他社の違約金を負担してくれる会社が多いです。

端末代金の残債分を負担はしてもらえないので、私は端末代金を支払い終わる36か月目以降に他社へ乗り換えることを検討してます!

まとめ|ソフトバンクのセット割だと月の通信費が6,200円程度になります

ということで、今回はソフトバンクのセット割についてご紹介しました。

一時期は携帯電話で12,000円ほど、自宅のネット回線で6,000円ほどかかっていたので、いまは合わせて月額料金が6,200円程になって個人的に満足しています。

 

ですが、2年契約が終わったあとのことを考えると手間もありますし、各種割引が終わって月額料金が12,000円弱まで跳ね上がってしまいます

2年後に終わる割引一覧

  • 月月割(iPhone)
  • 下取りプログラム(iPhone)
  • はじめようSoftBank Air割(SoftBank Air)

ひと月の通信費が約2倍に跳ね上がってしまう原因は、2年後に終わってしまう携帯電話の割引です。

なので、2年後には携帯電話を格安SIMに乗り換えようと思っています

そしてSoftBank Air(ソフトバンクエアー)に関しては、端末代金を支払い終わる3年後まで使い続けて、他社へ乗り換える際の違約金負担をしてくれる会社で乗り換えようと思います

 

もし、これからソフトバンクのセット割を使おうと思っている人は、これらのデメリットを理解した上で申し込むようにして下さいね。

携帯電話、SoftBank Air(ソフトバンクエアー)についての詳細まとめ記事は以下のリンクからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です