ライターの仕事依頼はココから詳細が見れます!

【申込時点でSSL化対応】エックスサーバーの新規申し込み手順を画像入りで徹底解説します

どうも、植物系ブロガーのつぶまめ(@tsubutsubumame2)です。

普段、ライターとして活動をしている私ですが、昨日からアフィリエイト広告の大手「A8.net」様が主催の【MEN’S A8】という半年間の勉強会に参加させていただいています。

第一回の勉強会に参加した感想は別記事でまとめますが、勉強会を受けている中で、

つぶまめ

レンタルサーバーへの申し込み手順をメインブログのコンテンツとして掲載しておきたいなぁ…

と思ったので、新たに「エックスサーバー」に申し込んでみました!

 

ということで、今回は超有名レンタルサーバーである「エックスサーバー」の申し込み手順を徹底解説していきます。

この記事はこんな方にオススメです!

  • これから初めてブログやWebサイトを作ってみようと思っている方
  • 無料ブログサービス(はてなブログやライブドアブログ等)を使っている方
  • 新しいWebサイト立ち上げの段階で、他のレンタルサーバーが気になっている方

エックスサーバーは、新規申し込みから10日間は無料お試し期間があります。

さらに、2018年3月30日までに申し込めば、どのプランを選んでも「ドメイン」をひとつ無料でもらえます

2018年3月最新版ということで、画像入りで申し込み手順を徹底解説していますので、初心者の方も困ることなく申し込めますよ!

それでは、本文へどうぞ。

エックスサーバーの紹介

それでは、エックスサーバーをご紹介していきます。

はやく登録手順を見たいという方は、飛ばして頂いて構いません。

特徴



エックスサーバー(https://www.xserver.ne.jp/

エックスサーバーは、業界でも大手のレンタルサーバー会社です。

大量のアクセスにも耐えられる高性能サーバーと、ストレスのない高速環境ということで非常に人気があります。

また、Webサイトを運営するために役立つ様々な機能が標準装備されています。

  • 無料独自SSL(Webサイトのセキュリティ性が高まる)
  • CMS(つまりWordPressのこと)簡単インストール
  • マルチドメイン無制限
  • PHP7/PHP5
  • FTPアカウント無制限 などなど

つぶまめ

これらの機能がスグに使えるのは嬉しいポイントですね~

特にWordPressがスグにインストールできるのは初心者の方にマジでオススメです!

プラン

  1. X10スタンダードプラン|200GB
  2. X20プレミアムプラン|300GB
  3. X30プロプラン|400GB

エックスサーバーは、3つのプランから選択できます。

X10が最も価格が安く、X30が一番容量が大きく多くのWebサイトを管理できます。

初心者の方であれば、一番価格の安いX10スタンダードプランで十分かなーと思います

 

X20プレミアムプラン、X30プロプランで申し込むと、好きなドメインを1つプレゼントしてもらえます

プレゼントされるドメインは下記の中から選ぶことができます。

  • X20プレミアムプラン
    • 「.jp」「.com」「.net」「.org」「.info」「.biz」
  • X30プロプラン
    • 「.jp」「.com」「.net」「.org」「.info」「.biz」「.co.jp」「.ne.jp」「.or.jp」「.gr.jp」
    • 但し、青字で書かれているドメインは取得条件があります

取得条件とは?

取得条件
.co.jp
  • 株式会社
  • 有限会社
  • 合名会社
  • 合資会社

日本の企業や営利法人のみ取得可能

.ne.jp
  • 日本国内のネットワークサービス提供者
  • 且つ、不特定または多数の利用者に対して営利または非営利で提供するネットワークサービス

※書類の提出が必要=登録申請書、印鑑登録証明書原本

.or.jp
  • 財団法人
  • 社団法人
  • 医療法人
  • 監査法人
  • 宗教法人
  • 特定非営利活動法人
  • 特殊法人(特殊会社を除く)
  • 農業協同組合
  • 生活協同組合
  • その他日本国法に基づいて設立された法人
  • 国連等の公的な国際機関
  • 外国政府の在日公館
  • 外国政府機関の在日代表部その他の組織
  • 国連NGOまたはその日本支部
.gr.jp
  • 複数の日本に在住する個人
  • または日本国法に基づいて設立された法人で構成される任意団体

※書類の提出が必要=登録申請書、代表者と副代表者の印鑑登録証明書原本

つぶまめ

エックスサーバー内でドメインをもらえるので、その後の「ドメイン登録」がめっちゃ簡単にできます!

料金

それでは続いて、エックスサーバーの各プランの料金表を見ていきましょう。

X10スタンダードプラン

初回申込時
契約期間初期費用利用料金合計金額
3か月3,000円1,200円×3か月6,600円
6か月1,100円×6か月9,600円
12か月1,000円×12か月15,000円
24か月950円×24か月25,800円
36か月900円×36か月35,400円
契約更新時
契約期間利用料金合計金額
3か月1,200円×3か月3,600円
6か月1,100円×6か月6,600円
12か月1,000円×12か月12,000円
24か月950円×24か月22,800円
36か月900×36か月32,400円

 

X20プレミアムプラン

初回申込時
契約期間初期費用利用料金合計金額
3か月3,000円2,400円×3か月10,200円
6か月2,200円×6か月16,200円
12か月2,000円×12か月27,000円
24か月1,900円×24か月48,600円
36か月1,800円×36か月67,800円
契約更新時
契約期間利用料金合計金額
3か月2,400円×3か月7,200円
6か月2,200円×6か月13,200円
12か月2,000円×12か月24,000円
24か月1,900円×24か月45,600円
36か月1,800×36か月64,800円

 

X30プロプラン

初回申込時
契約期間初期費用利用料金合計金額
3か月3,000円4,800円×3か月17,400円
6か月4,400円×6か月29,400円
12か月4,000円×12か月51,000円
24か月3,800円×24か月94,200円
36か月3,600円×36か月132,600円
契約更新時
契約期間利用料金合計金額
3か月4,800円×3か月14,400円
6か月4,400円×6か月26,400円
12か月4,000円×12か月48,000円
24か月3,800円×24か月91,200円
36か月3,600×36か月129,600円
申し込みの際の注意
  • 上記の価格は全て税抜表示です
  • 支払いは一括払いのみです
  • 分割払いや後払いには対応していません

つぶまめ

3年契約で申し込んだ方が、実際の月額料金は安くなりますね~

ただし、料金は一括の前払いなので注意が必要です

エックスサーバーを使うメリット

それでは、数あるレンタルサーバーの中からエックスサーバーを使うメリットを見ていきましょう。

エックスサーバーを使うメリット6選

  1. Webサイトやブログの表示速度が他のサーバーより速い!
  2. どのプランを選んでも料金の割にデータ容量が多い=コスパが抜群!
  3. 一番安価なX10スタンダードプランでも、MySQLが最大で50個まで持てる!
  4. Webサイトやブログ運営が快適になる機能が充実している
  5. 圧倒的なサポート体制、安定感
  6. CMS自動インストール機能で、初心者でも簡単にWordPressを始められる!

こんなところでしょうか。

特に、初心者の方にオススメと言えるのがWordPressをお手軽に導入できるCMS(コンテンツマネジメントシステム)自動インストール機能です。

WordPressや他のサイト作成ソフトのことをCMSと呼びますが、このCMSを使う場合は様々な手間がかかるんですよね。

  • CMSをダウンロード
  • ダウンロードしたCMSをサーバーにアップロード
  • アップロードしたCMSにアクセスして諸々のセッティング etc.

ハッキリいって初心者の方だと、この時点でやめてしまうでしょう。面倒くさすぎて。

そういった意味で、初心者の方には「エックスサーバー」が使いやすいのです。

 

また、上記でMySQLという言葉が出てきていますが、「MySQL=Webサイトやブログ」だと思ってください。

一番安いプランで最大50個までWebサイトやブログを持てるという風にご理解いただければ十分です。

他のレンタルサーバー会社ではここまでのサービスがないので、初心者の方から上級者の方までオススメできます。

エックスサーバーはこんな方にオススメ!

  • アクセス増大によるサイトダウンを防ぎたい
  • Webサイトの表示速度をもっと速くしたい
  • サポートの返答が早いサービスを利用したい
  • 手軽にサイトセキュリティを向上させたい
  • WordPressインストールの手間を省きたい
  • 手軽にサイトデザインの見栄えを良くしたい

エックスサーバーは、様々なサポート機能が充実しています。

膨大なアクセスがあっても耐えうる強力なサーバーと親切丁寧なサポートがあるので、長いあいだ多くの方から人気を誇っているんですね

期間限定!無料でドメインプレゼントキャンペーン

本来であれば、X20プレミアムプランとX30プロプランでないとプレゼントドメインはもらえませんが、いまはキャンペーンを開催しているみたいですね。

2018年3月30日までにエックスサーバーの新規申し込みをすると、だれでもドメインを1つプレゼントしてもらえます

なんと、一番安いプランのX10スタンダードプランでももらえます!(実際にもらえました)

3月30日(金)の18:00までのキャンペーンなので、これからレンタルサーバーを申し込もうと思っている方は上手く活用しちゃいましょう!

月額900円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』

エックスサーバーへの申し込み手順【画像入り】

それでは、エックスサーバーへの申し込み手順を画像入りで見ていきましょう!

1.エックスサーバーへの申請

まずは、エックスサーバーにアクセスしましょう。

アクセスすると、上記の画像のような画面になりますので右側の「サーバー無料お試し」と書かれた赤枠内を押します

 

続いて、左側の「初めてエックスサーバーをご利用の方」を押します

初めて利用する際は10日間の無料お試し期間があるので、他のサーバーをご利用中の方も安心してエックスサーバーを試すことができます。

 

この画面になったら、好きな文字を入力してサーバーIDを決めます

この部分はあとから変更できませんが、特に変更しようと思ったことがないので気に入っている文字列を入力すれば良いでしょう。

また、ここでプランを選択します

 

画面の指示に従って、必要情報を入力していきます

 

この画面になったら、必ず赤枠内にチェックを入れましょう

でないと、お申込内容の確認ボタンが押せません。

 

お申込内容の確認ボタンを押して、次に進むと申し込み完了です

入力したメールアドレス宛にメールが届いているので確認しに行きましょう。

 

実際に届くメールの文面を一部抜粋して掲載しています。

申込が完了してからすぐに使えるようになるワケではなく、あなた専用のサーバーアカウント設定をする為に少し時間がかかります。

ちなみに、私が昨日おこなった段階では30分程度で次のメール連絡が来ました

 

はい、これが申込してから約30分後に来た非常に大事なメールです。

このメールに、あなたのアカウントにログインするための全ての情報が載っているので必ず保管しておきましょう。

 

メールを下の方までスクロールしていくと、このような文面が出てきます。

エックスサーバーに登録を行うと、4つの項目に分かれた専用ページにログインすることができるようになります

  1. インフォパネル(登録情報の確認や料金支払い、プレゼントドメインの取得など)
  2. サーバーパネル(ドメインの登録やサーバー設定、WordPress自動インストールなど)
  3. ファイルマネージャ(ブラウザ利用でファイルのアップロードや削除など)
  4. WEBメール(ブラウザ利用でメールの確認や送信など)

基本的に使うのは上記の2つです。

つぶまめ

まずはインフォパネルへログインしましょう!

それでは、メールの文面のIDとパスワードを使ってインフォパネルにログインしてみましょう。

インフォパネルでは、プランの変更や料金支払い関連などが行えます

MEMO

3月30日までに登録を行った場合は画像内の左下「プレゼントドメイン」の下らへんに「キャンペーンドメイン」という項目が出現しています。

そこをクリックして、画面の指示に従ってキャンペーンドメインを取得しておきましょう。

 

続いて、サーバーパネルにログインしてみましょう。

こちらも先ほどのメールに記載されているIDとパスワードを使います。

サーバーパネルでは、ドメインの登録や実際にCMS自動インストール機能を使ってWordPressの導入などが行えます

 

といったところで、エックスサーバーの申し込みは完了です!

これでエックスサーバーを利用することができるようになりました。お疲れさまでした。

つぶまめ

次はドメインの取得から登録までやりますよ!

2.キャンペーンドメインの取得から登録

それでは続いて、あなたの持っているドメインをエックスサーバーに登録して使える状態にしましょう

実際にドメインを登録するためには、サーバーパネルにログインして、右側にある「ドメイン設定」を押します

MEMO

キャンペーンドメインを取得していない方は、インフォパネルからキャンペーンドメインを取っておきましょう。

  • インフォパネル
  • 左側のメニューの「キャンペーンドメイン」
  • ドメインを取得

 

「ドメイン設定」を押すと、こんな画面になります。

赤枠内の「ドメイン設定の追加」を押します

 

真ん中話の赤枠内に、先ほど取得したドメイン名を入力します

例えば、当サイトなら「sunsprout-onesign.com」という感じです。

入力し終えたら、左下の「無料独自SSLを利用する」にチェックを入れてから、右下の「ドメイン設定の追加」を押します

無料独自SSLとは

無料独自SSLとは「http」の後に「s」がついた状態のURLにすることを指します。

簡単にいうと、そのサイトのセキュリティ性を上げることができる機能で、いまや必須となっているので必ず設定しましょう。

SSL化については、下記の記事にまとめてありますので、あわせてご覧ください。

 

「ドメイン設定の追加」を押すと、これでドメインの登録は完了です。

「無料独自SSLを利用する」にチェックを入れておくと、画像の赤枠のように「s」がついたURLが書かれています。

この後、さらに設定を行う必要がありますが、とりあえずはこの状態でOKです(一番最後に設定します)。

つぶまめ

続いてWordPressの自動インストールです。

もうひと踏ん張りなので頑張りましょう!

3.エックスサーバーにWordPressをインストールする手順

さて、最後はいよいよWordPressのインストールです。

インストールといっても、あなたのパソコンにインストールするワケではありません。

「エックスサーバー内にあなたのドメインで作ったWordPressをインストールする」という意味なので、間違えないでくださいね。

 

それでは、サーバーパネルのホーム画面に戻ってきましょう。

画面を少し下にスクロールして「自動インストール」を押します

 

「自動インストール」を押したら、続いて「プログラムのインストール」を押します

先ほどのドメイン登録がちゃんとできていれば、この画面内で表示されているはずです(黒伏字部分)。

 

画面の中間くらいに「WordPress日本語版」という項目があるので「インストール設定」を行います

実はこの画面で他のCMSも使えるようにできるのですが、ここでは割愛します。

 

それでは、画面の指示に従って入力していきましょう。

  • インストールURL:入力しなくてOK
  • ブログ名:あとから変更可能
  • ユーザーID:WordPressのログイン画面で使うID
  • パスワード:WordPressのログイン画面で使うパスワード
  • メールアドレス:WordPressで使うメールアドレス。あとから変更可能
  • 「自動でデータベースを生成する」にチェック
  • 「インストール(確認)」を押して完了

これで、ドメインを反映させた状態でWordPressのインストールが完了です

インストールURLの部分は、入力しなくてOKです。

 

この画面は写真を撮っておきましょう。

上の黒伏字の部分に、あなたのWordPressのログイン画面に飛ぶためのURLが書かれています

 

実際にアクセスするとこんな感じです。

先ほど決めた「ユーザーID」と「パスワード」を入力して、ログインすることでWordPressの管理画面に入ることができます。

ログインしたら、先ほどの「無料独自SSLを利用する」の設定をします

 

ログインするとこんな画面になります(すでに少しいじっていますが)。

 

画面を下にスクロールして、左側にあるメニュー内の「設定」から「一般」を押します

 

「一般」を押すと、こんな画面になります。

真ん中あたりの「WordPressアドレス(URL)」と「サイトアドレス(URL)」の部分を見てください。

あなたの画面では「s」が入っていないと思うので、「s」を付け加えて保存してください。

これであなたのブログが無事にSSL化されているはずです

 

あとは作ったあなたのブログのデザインをカスタマイズして、あなただけのオリジナルブログを作っていくだけです。

つぶまめ

ここまでお疲れさまでした!

まとめ



エックスサーバー(https://www.xserver.ne.jp/

ということで、今回は初心者の方や他社のレンタルサーバーを利用している方向け「エックスサーバーの申し込み手順」を画像入りで徹底的にまとめました!

  • WordPressを自動インストールしてくれるので初心者の方にはオススメ
  • 快適なブログ運営に役立つ様々な機能がもりだくさん!
  • なによりもコストパフォーマンスが最強です!
  • 3月30日までに申し込むと一番安いプランでもドメインが無料でもらえる!

3月30日の18:00までに申し込むとドメインがひとつもらえるので、これを機にエックスサーバーに申し込んでみてください!

ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました。

月額900円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です