お問い合わせ・レビュー掲載のご依頼はこちら

【ようやく100記事達成】記事を書くときに意識するようになった3つのポイント

どうも、植物系Webライターのつぶまめ(@tsubutsubumame2)です。

昨日更新の記事で、100記事を達成することができました!

つぶまめ

100記事程度で喜ぶなんて低レベルかもしれませんが…それでも嬉しい!

昨年8月31日にブログを開設して、ちょうど半年で【100記事達成】です。

半年と言えば180日…約2日に1記事のペースで更新していることがわかりますね~

 

そしてそして、徐々に徐々にアクセス数も増えてきており、先月のアドセンス収益は過去最高金額を達成することができました!

つぶまめ

その金額、なんと5,000円超え!!

…え、少ない? ハイ、すいません…

(実績報告記事は別に更新します)

 

収益報告記事を見るのが好きなんですが、他の方はアドセンスでもっともっと収益を上げていたりしますよね(^^;)

他の方の収益報告を見て焦っていても仕方がないので、私はマイペースに頑張っていこうと思います。

ということで、今回はワタシが最近、記事を書くときに意識するようになったことをまとめていきます

記事を書くときに意識するようになったこと

1:検索キーワードを意識する(検索意図を考える)

最近は、記事を書く際にひたすら「検索」という言葉を意識するようになりました。

理由は、多くのブロガーやアフィリエイターの方が「何よりも検索を意識すること」と仰られているからです。

 

記事を書いて時間が経てば、検索エンジンにインデックス(検索エンジンで検索したときに記事が表示されるようになること)されますよね。

書いた記事は、

  1. ユーザーに検索をされて
  2. 人に見られて
  3. 初めて『価値』が生まれる

と私は思っています。

 

ここでいう『価値』とは、

  • 検索してきた人:知りたい情報を知ること、それ以上の情報を知れること
  • 記事を書いた人:アクセスを集めることによる収益化

を差しています。

例えば、私は検索ユーザーが大海原で遭難した状況を想定しています

検索ユーザーが大海原で遭難した状況(何かのワードで検索しているとき)で、あなたはその検索ユーザーが助かる為の手段(情報)を持っています

 

海は広く、方向も何もわかりません。

海でおぼれている検索ユーザーは、あなたがいる方向とは真逆の方向を向いてしまっているかもしれません。

 

そんなとき、灯台からの明かり(こちらからの発信)が見えれば、検索ユーザーはこちらに対して救助のサインを出せます。

そうすれば、検索ユーザーが助かる可能性は格段に高くなります。

検索ユーザーがあなたの情報を発見しやすくするために、検索ユーザーのことを常に意識しておく必要があります。

2:読んでいる人の気持ちを考える

記事を書いている中で、記事を読んでいる人が「どんな気持ちで読んでいるか?」を考えるようになりました。

例えば、先日書いたコチラのDA PUMPに関する記事

【2018年8月更新】DA PUMP新・旧メンバー総まとめ|「ISSA」「if…」「4人」のイメージだけどメンバーが7人に増えてた

中学時代にハマっていたブレイクダンスがキッカケで好きになったDA PUMPなのですが、当時は4人グループだったんですよね。

ですが、現在は人数が増えて7人体制。しかも当時のメンバーはボーカルのISSAしかいません。

その内容にめちゃくちゃ驚いたので、昔を懐かしみながら現在のメンバーについてまとめてみました。

 

記事を書いている中で、読んでいる方は「なぜやめてしまったのか?」や「いまは何をしているんだろう?」と理由が気になる方もいるんじゃないか?と思ったので、そういった情報についても調べて記載しました。

こういう感じで「ユーザーの気持ちになって考える」ことを意識すると、自然と記事のボリュームも増えますし、ユーザーのためにもなる気がします

 

3:記事としての見やすさ

最後に、記事としての見やすさを意識しています

記事としての見やすさとは簡単に言えば下記のようなことです。

  • 改行
  • 太字(強調)
  • 文字の色
  • アイキャッチ
  • 記事内画像

これらを駆使することで、読者の皆さんに「見やすい!」と思ってもらえるように意識しています

 

画像に関しては、デザインのセンスなどがないのでかなり苦労しています…

なるべく文章を表現できるような画像を入れているつもりではあるのですが、まだまだ知識や経験・知識量や組み合わせの引き出しが足りていないなーと感じます。

いやー難しい。

記事は他の人に見てもらって初めて価値がある

文章は、基本的に「他の人に読んでもらって、初めて価値があるもの」だと思っています。

特に、ブログやアフィリエイトで収益化を図るためには、どう考えても独りよがりな文章では報酬になりませんよね。

 

このことを意識するようになってから、一度書いた記事をしっかりと見直すようになりました

見直すときは「いま書いたこの記事は、読んでくれた人にとって意味のある内容になっているか?」ということに気を付けています。

めちゃくちゃ簡潔にまとめるならば「読んで良かった!と思ってもらえる文章かどうか」ということですね。

 

”この人の記事を読んでよかった!”

そう思ってもらえたら、自然とリピート率も上がりますし、アクセスも増えるでしょうし、巡り巡って収益化につながると思ってます

 

まとめ|記事を書くときはなによりも”検索”を意識してます

まとめです。

ようやく100記事を達成した私が、記事を書くときに意識していることは、

  • ”検索”を意識する
  • ユーザーの気持ちを考える
  • 見やすさを意識する

の3点です。

これらを意識して、今後も読んでくれる方のタメになるような記事を書いていこうと思います。

今後とも、当ブログとつぶまめをよろしくおねがいします。

 

といったところで、今回はここまで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です