ライターの仕事依頼はココから詳細が見れます!

『ゆとり世代』はチャンスしかない!ゆとり世代であることのメリットを考える

どうも、植物系ブロガーのつぶまめ(@tsubutsubumame2)です。

久々にYahooニュースを見て回っていたのですが、こんな記事がありました。

私は1989年生まれで今年29歳になりますが、絶賛『ゆとり世代』と言われる世代です。

世の中の『ゆとり世代』の人は、『ゆとり世代』と言われることがイヤみたいですねー。

 

でも、ちょっと考えてみてください。

どう考えても、『ゆとり世代』と言われるのってチャンスでしかないですよ。

改めて『ゆとり世代』とは?

改めて、ゆとり世代と呼ばれる人たちの定義を振り返っておきましょう。

中心的には小中学校の間にいわゆる「ゆとり教育」(2002年度施行の学習指導要領による教育)を濃厚に受けた世代、つまり1987年度生まれから1995年度生まれの人々(2017年度中に30歳~22 歳になる人々)を指す

知識偏重の「詰め込み型教育」への反省を元にし、プロセスや経験を重視して個性を重視し、思考力を伸ばすことを目的として行われてきた教育

もう言わせない!「ゆとり世代」扱いから脱却するためには-Yahoo!ニュースより引用

明確には定義されていないそうですが、22歳~30歳の若者を指す言葉として使われていますね。

 

私は1989年生まれ=平成元年生まれです。

職場などで聞かれると「平成元年生まれです」と答えるのですが、ほぼそれと合わせて「あ~!ゆとり世代か!」と言われてました。

当初はバカにされてるように感じてムカついてましたが、あるときから考え方を変えてみたんです。

つぶまめ

ゆとり世代っていうマイナスイメージを払拭できたら、それだけで好印象なのでは?

そう、ゆとり世代というマイナスイメージを払拭できたら、それだけで相手から好印象を持たれるのでは?と考えたのです。

ゆとり世代と言われることがチャンスでしかない理由

ゆとり世代の方って、年齢とか生まれた年とかの話のときに『ゆとり世代』って言われますよね。

つぶまめ

私はそういわれたら「チャンス!!」と思うようにしています

何故なら、ただ単に、ゆとり世代という「シール」を貼り付けられただけだからです。

もっと噛み砕いて説明すると、シールを貼りつけられただけであって「私自身の性格とか仕事の力量」はまだ見られていないということです。

 

会社でゆとり世代っていうシールを貼られた状態で、任された仕事をカンペキにこなせたら「ゆとり世代の割に仕事がデキるヤツだな!」って思われるんですよね

それって普通の人と同じことをしていても『ゆとり世代』という払拭が簡単なマイナスイメージのおかげで、より強く好印象を持たれるんですよ

これって物凄いチャンスだと思うんですよね!気に入られやすいというか。

 

しかも、他の年代の方たちがどうあがいても手に入れられないものですよね。

こう考えるようになってから、『ゆとり世代』と言われても全くマイナスだと思わなくなりました。

ゆとり世代に限らずダメな人はダメ

一般的には『ゆとり世代=ダメなヤツ、甘やかされてきたヤツ』という見方が強いと思います。

でも、それは『ゆとり世代』だけに限りません。

年代に限らず、ダメな人はダメなんです

 

仕事ができない人もいれば、人としてダメな人もいます。

若者でも年配の方でも、です。

 

世間一般の見方では『ゆとり世代=ダメなヤツ、甘やかされてきたヤツ』かもしれませんが、あなた個人は「優秀で凄いヤツ」だと思わせるようにしましょう

 

まとめ|ゆとり世代って言われるの、どう考えてもチャンスじゃね?

まとめです。

  • ゆとり世代は、どう考えてもチャンス
  • 払拭簡単なシールをはりつけられただけ
  • 任された仕事をカンペキにこなせば、あっという間に好印象

『ゆとり世代』と思われたら、是非とも「あ、いま好印象を持たれるためのシール貼られたわw」ぐらいの軽い気持ちで受け止めましょう。

「ゆとり世代なのに仕事のデキるスゴいヤツ」と思わせられたら、普通の人よりも良い印象が強く持たれるはずです。

 

『ゆとり世代』と言われてムカつくのは勿体ないです。

チャンスをものにするために、考え方を変えてみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です