お問い合わせ・レビュー掲載のご依頼はこちら

【口コミ・評判】GronG(グロング)バランスボードに乗って体幹トレーニングしながらライター活動してます

どうも、植物系Webライターのつぶまめ(@tsubutsubumame2)です。

最近、家に引きこもってばかりで座りっぱなし…

流石にまずいと思って「スタンディングデスク」を買おうと思って色々探していたんですが、そもそも私の部屋にはスペースがありませんでした。

ということで、いま使っているデスクのラック部分を無理やり利用してスタンディングデスクに仕立てて作業をしています

 

そんな中、「ただ立っているだけ」というのもなんか勿体なく感じたので、バランスボードを使いながら作業してます。

そこで活用しているのが体幹トレーニングもできる『GronG(グロング)バランスボード』です。

今回は、GronG(グロング)バランスボードの使用感レビューをお送りしたいと思います。

GronG(グロング)バランスボードの概要

基本情報

株式会社Ultimate Lifeという会社のブランドで、AmazonではLIBERTA公式ショップで取り扱われています。

以前使用していたバランスディスク(ゴム状の空気を入れて使うヤツ)に穴が空いてしまって、代わりの物を探している中で出会いました。

このデザインに一目ぼれして購入しました。

この『GronG(グロング)バランスボード』、なんとAmazonランキングで第一位を獲得したそうです。

ものすごい人気があるバランスボードなんですね。

あとから知ったんですが、2018年1月17日発売の「anan(アンアン)」に掲載されて、かなり有名なバランスボードみたいです。

つぶまめ

全く知らずに買いました…!

詳細情報

GronGバランスボード
材質天然木

硬質プラスチック

サイズディスク幅:約39cm

高さ:8cm

耐荷重約100kg
重さ約1.2kg

GronGバランスボード説明

GronGバランスボードを上から見た図です。

成人男性が普通に立つときくらいの幅の円盤です。

ちなみに表面は滑り止めの役目を果たすザラザラとした加工が施されています

素足で乗っても滑り落ちないので安心して立ってられます。

GronGバランスボードを横から見た図です。

実際の載る部分である木製のボードは厚さが約1.7cmあるので、まず折れることはないと思います。

中心部の硬質プラスチックでできている箇所は、意外と幅が狭く作られています。

そのため、上に乗ってみるとかなり揺れます

初めて乗ったときは慣れるまで時間がかかったので、注意しながら乗るようにしましょう。

GronGバランスボードの裏面です。

このように、硬質プラスチックの部分はかなり幅が狭めです。

幅が狭めにとってあるからこそ、グラグラとイイ感じで揺れて体幹トレーニングの効果があるんですね

GronGバランスボードの使い方【我流】

つぶまめ

汚くてすいません…

私はこのように、デスクのラック部分を使って立ち姿勢の状態で仕事をすることがあります(この記事も立ちながら書いてます)。

 

そんなとき、PCの位置が少し高くなりすぎてキーボードを打ちづらいのですが、GronG(グロング)バランスボードのおかげで、かなり丁度良い高さで作業をできてます。

PCを打つ手が支えになるので、倒れてしまう心配はありませんし、意外と腹筋に力が入っているので良い感じです。

ちなみに、私が使っているデスクはこれです。

つぶまめ

本来の使い方ではないので全くオススメはしませんが、GronGバランスボード自体はかなり気に入ってます!

GronGバランスボードの本来の使い方

GronGのWebサイトには、トレーニングジムやトレーニング方法についての動画が載っています。

そこから、本来の『GronG(グロング)バランスボードの使い方』をご紹介します。

本来はこの動画のように使ってトレーニングするのが良いみたいですね。

真似してやってみようと思いましたが、まず片足立ちが出来るようになるまで時間がかかりそうです…

GronGバランスボードのまとめ

ということで、今回は私の作業場をご紹介しました(違)

この『GronG(グロング)バランスボード』、かなりグラグラするので最初は慣れが必要ですが腹筋にかなり効いてくる素晴らしいバランスボードです。

有名雑誌の「anan(アンアン)」で取り上げられていたり、Amazonランキングで第一位を獲得したりと大人気のバランスボードです。

体幹トレーニングをしたいと思っている方は、ぜひお試しください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です