ライターの仕事依頼はココから詳細が見れます!

【Bluetooth接続イヤホン】GB18BT Gvoears Bluetoothワイヤレスイヤホンの使用感レビュー

どうも、植物系ブロガーのつぶまめ(@tsubutsubumame2)です。

先日のAmazonサイバーマンデーで、ランニング中に使うことを目的としたワイヤレスイヤホンを探していたところ、価格もお手ごろなイヤホンを見つけました。

それが『Gvoears Bluetoothワイヤレスイヤホン GV18BT』です。

実際に使ってみて、非常に好感触なワイヤレスイヤホンだったので使用感レビューをお送りいたします。

Gvoears ワイヤレスイヤホン GV18BTの概要

Amazonにて、Gvoearsという販売業者から販売されているワイヤレスイヤホンです。

こちらの商品も、前回の記事と同じくAmazonサイバーマンデーで購入しました。

ランニング中に使うものだし、安価な物で良いだろうと思って購入したのですが、個人的には最高のコスパのイヤホンだと感じています。

ただ、高音質を求めている方のご要望にはそぐわないと思いますので、運動中に音楽を聴くことだけを主とした用途が良さそうです。

>>関連記事:【Bluetooth接続ヘッドフォン】Mixcder ShareMe5の使用感レビュー

 

スペック

Gvoears GV18BT
製品名Gvoears Bluetooth ワイヤレスイヤホン GV18BT
カラーブラックのみ
 充電時間1.5時間
 連続再生時間約8時間
 待機時間約120時間(5日間)
 備考・Micro USB端子

・Bluetooth 4.1

・IPX4防水規格

・CVC6.0ノイズリダクションマイク付

・再生周波数帯域100Hz~18KHz

価格4,777円(Prime)

 

開封の儀

それでは早速、中身を見て行きましょう。

中身はきっちりとイヤホンが納められています。

この黒い部分を引き抜くと、その下に付属物が入っている形です。

 

内容物はこんな感じです。

  • 左:本体
  • 中央上:イヤーウィング、イヤーフィンの収納袋
  • 中央中:取扱説明書
  • 中央下:Micro USBケーブル、ケーブル止め
  • 右:イヤーウィング、イヤーフィン各S,M,Lサイズ(Mは既に本体にもついてる)

 

イヤホンには「L」と「R」の表記があるのでつけ間違いはありませんね(ピンボケしてしまってますが)。

イヤーウィングには「M」とサイズが書かれているのがわかります。

 

私はイヤーウィングというものを初めて見たのですが、装着方法はこのようになります。

ちょうど耳の内側上部のくぼみにウィングの先っぽが来るような感じです。

 

音量の操作をする部分はこのようにわかりやすい作りになっています。

真ん中の△ボタンが電源ボタンなのですが、長押しするとペアリング状態に入ります。

音量はそれぞれ「+」「-」のボタンを1度押すことで調節することが出来ます。

また、スマートフォン等で音楽を聴いている際に次の音楽/前の音楽に移動したい時はそれぞれのボタンを長押しすることで移動が出来ます。

「+」が次の曲、「-」が前の曲といった具合です。

真ん中の丸はランプで、充電中は青く点灯します。

使わない時は「△」を長押しすることで電源オフとなります。

 

充電口は画像の通りです。

充電口の蓋の部分は強く引っ張ると簡単に引きちぎれそうなので注意してください。

端子は普通のMicro USBであれば何でも刺せます。

最近多いType Cは未対応なので注意しましょう。

 

イヤホンはマグネット式で、それぞれを画像のようにくっつけることが可能です。

ワイヤレスイヤホンなので、基本的に首にかけた状態になりますが普段使わない時は首の前あたりで画像のようにしておくことで落下を防止することが出来ます。

 

イヤーウィング、イヤーフィンをしまっておく袋です。

基本的に持ち歩くことはないと思いますが、なんだかお洒落ですね。

 

ペアリング(接続)方法について

取扱説明書に書かれておらず、Bluetooth接続機器ド初心者の私はちょっと困ってしまいました。

私と同じくBluetooth接続に慣れていない方向けに接続方法について記述いたします。

 

Bluetooth接続するためには、真ん中の「△」を長押しします。

すると、このイヤホンがペアリング状態となり、他の機器でBluetooth接続できる機器として認識するようになります。

その際の名称は『GV18BT』です。

Bluetooth接続する機器側でその機器を選択すれば、接続されます。

接続した状態で音楽を流せば自然と音楽がイヤホンから聞こえてきます。

 

Gvoears Bluetoothワイヤレスイヤホン GV18BTの使用感レビュー

音質は雑音なし。但し高音質ではないと思われる

私は元々、ランニング中に使う用途でこのワイヤレスイヤホンを購入しました。

その為、特に音質を求めているわけではないのでこの商品で大満足しています。

最適なサイズのイヤーウィング、イヤーフィンのおかげでランニングをしていてもズレませんし。

 

ただ、高音質を求めていらっしゃる方も多いと思いますが、高音質を求めるのであれば別のイヤホンを購入した方が良いと思います。

 

マグネットが何かと便利

上記の画像と同じで恐縮ですが、マグネットがついているのがかなり便利だと思いました。

ランニングの休憩中にはこの状態で首からかけておくだけで良いですし、邪魔にもなりません。

少し磁力が弱く感じますが、首からぶら下げている分には問題ありませんでした。

 

イヤホン部分のサイズ調整が可能

付属物を見て頂ければお分かりの通り、イヤーウィングやイヤーフィンのサイズがS,M,Lの3種類から選択できます。

耳の中に押し込むタイプのイヤホンって耳に合わないとすぐに耳が痛くなりますよね…

自分の耳に最適なサイズの物を選択できるので、そういったこともなさそうなので安心です。

 

ケーブルの部分が柔らかくて変なクセがつかない

通常のイヤホンだとケーブルって少し硬い素材で出来ていますよね。ゴムというかなんというか。

一度変なクセが付いてしまうと常にそっちに曲がろうとしてうざったいことこの上ないですが、このイヤホンではそれがありません。

非常に柔らかな素材で出来ているので、クセが付く心配はありません

(断線が少し怖いですが…とりあえずは使い続けてみます)

 

取扱説明書にペアリングの仕方が書かれていない

取扱説明書は一枚の紙が折りたたまれている形式で、英語、中国語、日本語等で書かれていました。

が、肝心のペアリング方法(接続方法)についての記述が一切ありませんでした。

Bluetooth接続のするイヤホンにはまだ慣れていないので、少し使い方に困ったのがマイナスポイントかな?と思います。

 

Gvoears Bluetoothワイヤレスイヤホン GV18BTのまとめ

Point

ランニング等のスポーツ中に最適なBluetooth接続イヤホン

マグネットで首掛けの際の落下を防止!

イヤホン部分のサイズ調整が可能でケーブル部分も柔らかい

高音質ではないので音質を求める方は別の商品をどうぞ

私は基本的にランニング中やトレーニング中に使う用途で購入したので大満足でした。

価格もお手ごろなので「ワイヤレスイヤホンを使ったことがないけど試したい」という方にはオススメできる商品かと思います。

ということで、今回はGvoearsのBluetoothワイヤレスイヤホン GV18BTの使用感レビューでした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です