ライターの仕事依頼はココから詳細が見れます!

【注意喚起】タイトルで問いかけてるのにその答えを載せていますか?

どうも、植物系ブロガーのつぶまめ(@tsubutsubumame2)です。

本日、下記のようなツイートを発見しました。

数学ガール (数学ガールシリーズ 1)の作者である「結城浩さん(@hyuki)です。」のツイートです。

 

つい先日のことですが、ブログ記事を読み漁っている中で違和感を覚えたんですが、その違和感はまさにコレだったんです。

今回は、そんな違和感を自分自身も読者に与えているんじゃないの?というお話です。

タイトルでよく見かける「問いかけ」形式

ということで自分の中で点と点がつながるという感覚があったので速攻RT。

そうなんです、違和感を覚えたというか、私が読んだ記事はその答えが書かれてなかった。

なんとなくそれっぽいことは書いてあるんですが、その、なんていうんでしょう、

 

『答えはあなたの中にあります』

 

みたいな。

「不思議体験アンビリバボーのエンディングかな?」と思ったくらいです(わかる人いないか)。

 

要するに問いかけで興味を持たせて問いかけで終わるという、疑問が解決されずに終わるという不思議な文章だったんですね。

いや、答え教えてや?

読者はタイトルの答えを知りたいから読む

冒頭で結城浩さん(@hyuki)が述べているように、問いかけで作った記事にはその答えを書くべきです。

でないと読者が混乱します。答えがわからなくてモヤモヤします(実体験)

 

読者の気持ちを考えてみましょう。

問いかけ形式のタイトルを見て「お?気になる!」と思ったのに、いざ読んでみたらその中に答えが書かれていなかったらどう思うでしょうか?

モヤモヤします。少なくとも私は。

 

はたして、そのような記事が読者の為であると言えるでしょうか?

ましてや、私は現在ライターとして活動中の身です。

納品している記事がそのような書き方だとしたら、クライアントはどう思うでしょうか?

 

結論、次の仕事はないかもしれません。

何故なら、クライアントはPV数を集めたいと思って多くの記事を集めているからです。

PVを稼げなさそうな文章を書く人に依頼をするはずがありません。

 

読者は、タイトルで問いかけられた答えを知りたくて記事を読みます

その点を忘れないようにして下さい。

あなたは「答え」を載せていますか?

丁度良い機会ですのでご自分を振り返ってみてください。

どうですか? ちゃんと意識して答えを書くようにしていますか?

 

問いかけ形式のタイトルは、タイトルを作成する際に使われる効果的な手法です。

ですが、注目を集めただけで読者の期待に応えられなければ意味がありません。

読者の期待に応えていれば、自然とアクセス数も上がるはずです。

 

ライターとしても同じだと思います。

クライアントの意図を汲み、その期待以上の記事を納品すれば自ずと依頼が集まります。

 

回り回って、最終的に自分の元に返ってくるはずです

読者の為にやり続けていれば、結果として自分に戻ってきますので、是非とも読者の期待に応えてあげてください。

しっかりと答えを書くということを意識してみてください。

 

まとめ

Point

問いかけ形式は有効的なタイトルのつけ方

問いかけ形式で書いてるのに答えが載っていない記事は意外とある

読者は問いかけ形式のタイトルの答えを求めて読みに来る

読者の期待に応えると最終的に自分に返ってくる

以上のポイントを知っておいてくださいね。

ちなみに私は知らぬ間に答えを載せていないケースがありましたので、至急改善します。

 

それでは、今回はここまで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です